五蓋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
仏教用語
五蓋
パーリ語 पञ्च नीवरणानि pañca nīvaraṇāni
サンスクリット語 पञ्च निवारण pañca nivāraṇa;
中国語 五蓋
日本語 五蓋
英語 Five hindrances
テンプレートを表示

五蓋(ごがい、: pañca nīvaraṇāni, パンチャ・ニーヴァラナーニ)とは、仏教における瞑想修行を邪魔する、5つの障害、つまり5つの煩悩の総称。蓋(がい、: nīvaraṇa, ニーヴァラナ)とは文字通り、認識を覆う障害のこと。

解脱道論によれば、十結には五蓋すべてが含まれる[1]

なお、これと似た概念として、生存者を欲界へと結び付ける5つの束縛としての五下分結(ごげぶんけつ、: pañca orambhāgiyāni saṃyojanāni[注釈 1])という概念もある。下分(げぶん)とは、下の領域すなわち欲界のこと。(けつ、: saṃyojana, サンヨージャナ)とは「束縛」のこと。

内容[編集]

五蓋の内容は、以下の通り[2]

  • 貪欲(とんよく、: kāmacchanda) - 渇望・欲望
  • 瞋恚(しんに、: byāpāda: vyāpāda) - 怒り・憎しみ・敵意
  • 惛沈睡眠(こんじん すいめん、: thīna-middha: styāna-middha) - 倦怠・眠気
  • 掉挙悪作(じょうこ おさ、: uddhacca-kukkucca: auddhatya-kaukṛtya) - 心の浮動、心が落ち着かないこと・後悔
  • (ぎ、: vicikicchā: vicikitsā) - 疑い。信頼の欠如。

経典での扱い[編集]

沙門果経では、出家者が戒律を収めた後、初禅に入る前の段階として、この五蓋の除去が言及される[3]。この五蓋が取り除かれることで、その人には歓喜・喜悦、身体の軽安(きょうあん)・安楽・三昧が生じ、初禅へと入っていく準備が整うと述べられる。

適切業品では、釈迦は慧の具足(paññāsampadā)との形で、在家信者に五蓋を説いている[4]。五蓋に心が打ち負かされると「行ってはならなことを行い、行うべきことを行わないので、彼の名誉と幸福は破滅する」と釈迦は述べている[5]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 「パンチャ・オーランバーギヤーニ・サンヨージャナーニ」

出典[編集]

  1. ^ Upatissa, Arahant and N.R.M. Ehara (trans.), Soma Thera (trans.) and Kheminda Thera (trans.) (1995). The Path of Freedom (Vimuttimagga). Kandy, Sri Lanka: Buddhist Publication Society. ISBN 955-24-0054-6
  2. ^ Traleg Kyabgon (2001), The Essence of Buddhism, Shambhala, p. 26 
  3. ^ 沙門果経』68-75節
  4. ^ パーリ仏典, 増支部四集 7.パッタカンマ経, Sri Lanka Tripitaka Project
  5. ^ アルボムッレ・スマナサーラ 『テーラワーダ仏教「自ら確かめる」ブッダの教え (スマナサーラ長老クラシックス)』、2018年、45頁。ISBN 978-4804613574 

関連項目[編集]