桂昌院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
桂昌院像(長谷寺蔵)
桂昌院廟(善峯寺

桂昌院(けいしょういん、寛永4年(1627年) - 宝永2年6月22日1705年8月11日))は、江戸幕府3代将軍徳川家光側室で、5代将軍・綱吉の生母。通称は。『徳川実紀』によれば、父は北小路(本庄)太郎兵衛宗正。母は鍋田氏。兄に北小路道芳(後に本庄姓を賜り本庄道芳)、弟に本庄宗資がいる。

生涯[編集]

京都大徳寺付近で産まれる。『徳川実紀』によれば、父は関白二条光平家司である北小路(本庄)太郎兵衛宗正だが、実際の出身はもっと低い身分であるという噂が生前からあった。桂昌院と同時代の人物の記録では、朝日重章の日記『鸚鵡籠中記』に、従一位官位を賜ったときに西陣織屋の娘であるという落首があったことが記されており、また戸田茂睡の『御当代記』に畳屋の娘という説が記されている。黒川道祐の『遠碧軒記』人倫部は二条家家司北小路宮内が「久しく使ふ高麗人の女」に産ませた娘とする。死後やや経ってからの『元正間記』には大根売りの妹、さらに後の時代の『玉輿記』には、父は八百屋の仁左衛門で養父が北小路太郎兵衛宗正という説が記されている。

寛永16年(1639年)に御小姓として家光の側室のお万の方に仕え、その際に春日局部屋子として家光に見初められ、家光の側室となる。正保3年(1646年)1月に綱吉を産んだ。

慶安4年(1651年)に家光が死ぬと落飾して大奥を離れ、筑波山知足院に入る。4代将軍・家綱の死後、延宝8年(1680年)に綱吉が将軍職に就くと、江戸城三の丸へ入った。貞享元年(1684年)11月に従三位を、元禄15年(1702年)2月には女性最高位の従一位の官位と、藤原光子(または宗子)という名前を賜る。宝永2年(1705年)6月に79歳で没。

実家の本庄氏は桂昌院の威光により、その一族は高富藩小諸藩宮津藩笠間藩足利藩などの小藩ながら大名として立身出世を果たしている。墓所は東京都港区増上寺。遺髪塚が寺の復興に貢献した京都府京都市西京区善峯寺に「桂昌院廟」として存在する。

逸話[編集]

  • 男子の生まれない綱吉に対し、帰依していた亮賢に僧の隆光を紹介され生類憐れみの令発令に関わったとされる。なお、その時期には隆光はまだ江戸にいなかったため関与不能と言われることもあるが、『密教大辞典』(法蔵館)・『真言宗年表』(国書刊行会)によると貞享3年(1686年)10月3日に江戸城黒書院で安鎮法を修しており、生類憐れみの令以前より江戸城に出入りしていたため誤りである。
  • 自分と同じく家光側室だった順性院と対立し、折檻を受けたと伝わる。
  • 綱吉の正室の鷹司信子とも仲が悪かったというが、確証はない。
  • 応仁の乱で一部が焼失した京都の善峯寺の再興に尽力している。
  • 衣服の襟や袖に当て布をする習慣があった。「下げ渡される人間にとっては襟や袖の汚れた着物は気持ちの良いものではない」との理由を綱吉に説明している。
  • しばしば「玉の輿」の語源とされるが、俗説に過ぎないようである。大徳寺・塔頭の総見院では、「玉の輿」の玉とは桂昌院のことと語り伝えていた。また、京都の今宮神社の名物(あぶり餅)は玉のような餅を食べ、玉(桂昌院)のようなご利益をあやかろうとしたという言い伝えがある。
  • 埋葬された増上寺で徳川将軍家の墓地が改葬された際に、遺骨の調査を担当した鈴木尚が中心となって編纂した『増上寺徳川将軍墓とその遺品・遺体』によれば、血液型はA型で、四肢骨から推定した身長は146.8cmである。

登場作品[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

漫画[編集]