菩提

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

菩提(ぼだい、サンスクリット:बोधि; bodhi)とは、、サンスクリット語でボーディ(bodhi)の音写であり、「完全なる英知」、または「極楽往生して成仏すること」[1]を意味する仏教用語。日本の仏教では「悟り」の意味でも用いられる。

語源[編集]

草冠の漢字があてられているとおり、その原意は神聖なイチジクの木とか目覚し草といったもので音意訳でもある。「叡知」、「学ばれた」という形容表現があり[2]、bodhati 「目覚める、知る」、bodha 「覚醒、知識」の語根となっている。別の語根 √budh は「知る」に関連し、bodhi もまたその縁語とされる。

サンスクリット語の ボーディ(bodhi) を「菩提」ではなく「覚」と意訳する新訳も出現したが、「覚」と訳出した他のサンスクリット語が十種類以上あるため[3]、訳の新旧や傾向、または前後の文脈から bodhi の訳であることを特定するしかない。なお、「草葉の陰」という表現は、墓場の下や菩提[1]の意味は誤りではないが、本来は[要出典]草の葉陰、くさかげの意味とされる[4]

解説[編集]

菩提とは[編集]

密教経典である『大毘盧遮那成仏神変加持経』では「菩提とは実の如く自心を知ること」と説いている。菩提の対義語は煩悩であり、大乗仏教、とくに本覚思想等においては「煩悩即菩提」といい、煩悩(迷い)と菩提(悟り)は而二不二(ににふに)といって、二つであってしかも二つではないと説く。

菩提心[編集]

菩提心(ぼだいしん)とは、菩提を求めるこころのこと。道心。天台宗系の宗派の多くではこのときのとは、一念のことと説いている。

発菩提心[編集]

発菩提心(ほつぼだいしん)とは、菩提を求める心を発(おこ)すこと。本来は菩薩十地の初地を端緒とするもので、法悦体験などから仏法を求めたり、成仏を願う心を発すことを発心(ほっしん)として区別する。発心得度の記述は古典文学日記によくみられる。

菩提を弔う[編集]

亡者が涅槃または良い転生を果たすよう生者が供養回向)すること。「冥福を祈る」よりあとに用いられる。先祖代々の墓所のある寺を菩提寺と呼ぶ。

関連項目[編集]

注釈・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 菩提 - Weblio古語辞典(日外アソシエイツ難読語辞典)。
  2. ^ बोधि (bodhi) - Spoken Sanskrit Dictionary.
  3. ^ 『仏教漢梵大辞典』 平川彰編纂 (霊友会) 「覺」。
  4. ^ 草葉の陰 - Weblio古語辞典(学研全訳古語辞典)。