菩提

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

菩提(ぼだい、: बोधि; bodhi、: bodhi)とは、サンスクリット語・パーリ語のボーディ(bodhi)の音写であり[1]、仏の正覚の智、さとり[2]、仏の悟りの境地[2][3]極楽往生して成仏すること[3]、悟りの智慧[1]などを意味する仏教用語。bodhi の漢訳に"悟"という訳語はないが[1][4]日本仏教では菩提を"さとり"と意訳する。bodhiの漢訳はほかに、[1][2][注釈 1]

菩提を得た者がであり、これを目指す衆生菩薩という[1]声聞菩提・独覚菩提・仏菩提の3種の菩提のうち、仏菩提は至高であるため無上正等覚阿耨多羅三藐三菩提)とも呼ばれる[1][6][7]

俗に冥福の意味にも用いる[2][8]#菩提を弔うを参照)。

概要[編集]

菩提に関する語句[編集]

菩提心[編集]

菩提心(ぼだいしん、: bodhi-citta)とは、さとりを求める心のこと[2][9]。阿耨多羅三藐三菩提心の略であり[2][10]、菩薩においては四弘誓願(しぐせいがん)にあたる[10]

菩提心を起こすことを発菩提心(ほつぼだいしん)という[11]。悟りを求めようと決心することであり、発心のことである[11]

菩提を弔う[編集]

日本では、死者の冥福を祈ることを俗に「菩提を弔う」という[1][8][注釈 2]。一般に、納骨などの前にこの表現は用いない。

菩提寺[編集]

一家が先祖代々、その宗旨帰依して、その寺に墓所を定め、葬式追善供養を営んで死者の菩提を弔う寺のことを菩提寺という[1]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 漢訳で「菩提」ではなく「覚」と意訳する新訳も出現した[5][要検証 ]。ただし、「覚」と訳出された他のサンスクリット語は十種類以上ある[5][要検証 ]
  2. ^ ブリタニカ・オンライン・ジャパン 小項目事典』によれば、菩提とは「サンスクリット語 bodhi の音写で,智,道,覚と訳される。仏陀の悟り,完全な開悟,涅槃の境地をなす智慧のことで,そこでは煩悩は断たれている。したがって俗に冥福の意味でも用いられるようになった。」

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h 中村元ほか(編) 『岩波仏教辞典』 岩波書店、2002年10月、第二版、923頁。
  2. ^ a b c d e f 中村元 『広説佛教語大辞典』下巻 東京書籍、2001年6月、1528頁。
  3. ^ a b 菩提 - Weblio古語辞典(日外アソシエイツ難読語辞典)
  4. ^ 『梵和大辞典』 (鈴木学術財団) bodhi 932頁。
  5. ^ a b 『仏教漢梵大辞典』 平川彰編纂 (霊友会) 「覺」 1062頁。
  6. ^ 水野弘元 『仏教用語の基礎知識』 春秋社、2006年、p.82「(3)正徧知」。
  7. ^ 多屋頼俊、横超慧日・舟橋一哉 編 『仏教学辞典』 法藏館、1995年、新版、p.410「菩提」。
  8. ^ a b 菩提(ぼだい)とは - コトバンク”. 朝日新聞社. 2017年7月22日閲覧。
  9. ^ 中村元ほか(編) 『岩波仏教辞典』 岩波書店、2002年10月、第二版、923-924頁。
  10. ^ a b 菩提心とは - マイペディア/コトバンク
  11. ^ a b 発菩提心(ほつぼだいしん)とは - コトバンク”. 朝日新聞社. 2017年7月23日閲覧。

関連項目[編集]