菩提寺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

菩提寺(ぼだいじ)とは、一家の先祖代々を弔う墓地があったり、また代々その寺の宗旨に帰依して、葬儀や法事など先祖の菩提を偲び弔って来た寺院のこと[1]。ここでいう菩提とは「死後の冥福」や浄土での再会を祈念することを意味する。他に菩提所(ぼだいしょ)や菩提院(ぼだいいん)、あるいは香華院(こうげいん)、檀那寺(だんなでら)などとも呼ばれる。古くは氏寺(うじでら)、墳寺(ふんじ)手次寺(てつぎでら)などとも呼ばれた。

基本的にそれぞれの異称が指すものは同じだが、特定の寺院に対して伝統的に呼び分けることがある。例えば、徳川家の寛永寺増上寺は一般に菩提寺と呼び、伊達家の瑞鳳寺は香華院と呼ぶなど。しかし、瑞鳳寺を「伊達家の菩提寺」と呼んでも誤りではない。

香華院[編集]

香華院(こうげいん)は、香華所(こうげしょ)や香華寺(こうげじ)とも呼び、仏前に香や花(香華)を供えることを意味した名称[2]

檀那寺・旦那寺[編集]

檀那寺または旦那寺(だんなでら)は、檀信徒の檀那(布施のこと)で運営されることを意味した名称。本来は個人の寄進によって創建され、その一家のために法を施す寺を意味したが(現在の氏寺の意味に近い)、江戸時代の寺請制度に端を発する檀家制度の確立に伴い、現在は先祖代々その寺に所属する檀信徒の菩提寺という意味合いとなっている[3]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ コトバンク, 精選版 日本国語大辞典「菩提寺」.
  2. ^ コトバンク, 精選版 日本国語大辞典「香華院」.
  3. ^ コトバンク, ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「檀那寺」.

関連項目[編集]

外部リンク[編集]