結 (仏教)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

(けつ、: saṃyojana, サンヨージャナ)とは、仏教において、衆生輪廻に縛り付ける「束縛」としての煩悩のこと。[1]

五下分結・三結[編集]

衆生を欲界(下分)へと縛り付ける結を、五下分結ごげぶんけつ: orambhāgiya-saṃyojana)と呼ぶ。

  1. 有身見うしんけん: sakkāya-diṭṭhi) - 五蘊自己とみなす見解[1]
  2. : vicikicchā) - 疑い
  3. 戒禁取かいごんしゅ: sīlabbata-parāmāsa) - 誤った戒律・禁制への執着
  4. 貪欲とんよく: kāma-rāga)- 五欲に対する欲望・執着
  5. 瞋恚しんに: paṭigha) - 怒り

この5つを絶つことで、不還果へと到達できる[2][3]

この5つの内、1-3の3つを特に三結(さんけつ)と呼び、これらは四向四果の最初の段階である預流果において絶たれる。

五上分結[編集]

衆生を色界無色界(上分)へと縛り付ける結を、五上分結ごじょうぶんけつ: uddhambhāgiya-saṃyojana)と呼ぶ。

  1. 色貪しきとん: rūpa-rāga) - 色界に対する欲望・執着
  2. 無色貪むしきとん: arūpa-rāga) - 無色界に対する欲望・執着
  3. まん: māna) - 慢心
  4. 掉挙じょうこ: uddhacca) - (色界・無色界における)心の浮動
  5. 無明むみょう: avijjā) - 根本の無知

この5つを絶つことで、四向四果の最終段階である阿羅漢果へと到達できる[2][3]

論蔵における十結[編集]

以下が論(アビダンマ)の分類法(: abhidhamma-naya)における「結」である。[1]P.A.パユットー 著、野中耕一 訳『ポー・オー・パユットー 仏教辞典(仏法篇)』、2012年2月、サンガ、p.203</ref>

  1. 貪欲とんよく: kāma-rāga
  2. 瞋恚しんに: paṭigha
  3. まん: māna
  4. けん: diṭṭhi) - まちがった見解
  5. : vicikicchā
  6. 戒禁取かいごんしゅ: sīlabbata-parāmāsa
  7. 有貪うとん: bhavarāga) - 存在することへの執着
  8. しつ: issā) - ねたみ、嫉妬
  9. けん: macchariya) - けち、物惜しみ
  10. 無明むみょう: avijjā

脚注・出典[編集]

  1. ^ a b c P.A.パユットー 著、野中耕一 訳『ポー・オー・パユットー 仏教辞典(仏法篇)』、2012年2月、サンガ、p.202-203
  2. ^ a b 悟りの階梯 - 藤本晃/日本テーラワーダ仏教協会
  3. ^ a b パオ森林僧院における教えと修行 日本語訳 pp33-34

関連項目[編集]