掉挙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
仏教用語
掉挙, アウダティヤ
英語 excitement
restlessness
ebulience
flightiness of mind
パーリ語 uddhacca
サンスクリット語 auddhatya
日本語 掉挙
(ローマ字: Jouko)
クメール語 ឧទ្ធច្ចៈ
チベット語 རྒོད་པ།
(Wylie: rgod pa;
THL: göpa
)

掉挙(じょうこ)は仏教が教える煩悩のひとつである。

掉挙とは、心が昂ぶり頭に血が上った状態を指し、対義語である昏沈(心が深く沈んだ状態)とともに、平静な心を失っているため煩悩とされている。

脚注・出典[編集]

  1. ^ 大乗百法明門論

関連項目[編集]