五根 (三十七道品)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

五根(ごこん、: pañc' indriyāni, パンチンドリヤーニ)とは、仏教修行において根本的な5つの能力、精進である[1]悟り解脱を得るための5種の能力・機根三十七道品の中の1つ。

善根とも呼ばれるこれらが、一個人の中で主導的な力となった場合、五力(ごりき)と呼ばれる[2]

五根の内容は以下の通り[3]

修行の根本となる5つであり、根の字は能力を指す[1]。念以外は、その力が強すぎても、修行の妨げとなるため、それぞれの力が均衡にはたらくことを瞑想修行を通して目指していく[1]。念は強ければ強いほどいい[1]。 信仰と智慧、努力と禅定などは対であり、その力の発達には均衡が必要である[2]。これらが、一個人の中で主導的な力となった場合、五力(ごりき)と呼ばれる[2]

出典[編集]

  1. ^ a b c d マハーシ長老 『ミャンマーの瞑想―ウィパッサナー観法』 ウ・ウィジャナンダー訳、国際語学社、1996年、164-165頁。ISBN 4-87731-024-X
  2. ^ a b c ダライ・ラマ14世テンジン・ギャツォ 『ダライ・ラマ 智慧の眼をひらく』 菅沼晃訳、春秋社、2001年、176-177頁。ISBN 978-4-393-13335-4
  3. ^ 『ブッダ最後の旅』 中村元(訳)、岩波書店〈岩波文庫〉、1995年7月、250頁。ISBN 4-00-333251-2

関連項目[編集]