出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
仏教用語
疑, ヴィチキッツァー
英語 doubt
indecision
skepticism
indecisive wavering
パーリ語 vicikicchā
サンスクリット語 विचिकित्सा (vicikitsā)
日本語
(ローマ字: gi)
クメール語 វិចិកិច្ឆា
チベット語 ཐེ་ཚོམ་
(Wylie: the tshom;
THL: tétsom
)

仏教用語の(ぎ)とは、パーリ語vicikicchāに由来し、「疑念」や「躊躇」といった意味を持つ。四諦の教えに対しての躊躇と定義され、健康な生き方への取り組みの妨げとして機能する[1][2]

疑は、以下として示されている。

仏教の示す真理に対して思い定むることなく、まず疑ってかかる心である。このような心をもつ限り、いかなる教えも自心は受け付けることはない。

脚注[編集]

  1. ^ Guenther (1975), Kindle Locations 786-787.
  2. ^ Kunsang (2004), p. 26.
  3. ^ 中村 2002, p. 96.

参考文献[編集]

  • 中村元『龍樹』講談社学術文庫、2002年。ISBN 4-06-159548-2

関連項目[編集]