出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

(じょう、サンスクリット語: samaadhi)は、仏教用語で、心をひとつの対象に集中し心の散乱がないという精神の作用や、そのようにすることや、定まっているその状態を指す[1][2]。このサマーディの音写が三昧(さんまい)であり、三摩地とも書かれた[1]。samaadhi は、良くという意味の Sam と、置くという意味の Adhi であり、心を一定の対象に集中させることである[3]。定の強さによって、初心者の定、禅定の直前のもの、禅定を伴っているものに分けられる[3]

また、一般に心を散乱させないようにする修行も指す[1]。すなわち、仏教の三学である・定・の一つであって仏教の実践において重要なひとつである[1]。また八正道には正定(しょうじょう)が含まれる[2]。後に、定は特に禅宗にて重んじられる[1]

定に対して、心が散り乱れて動く状態を散といい、定散(じょうさん)と呼ばれる[1]

定には2つある。修得定は、散地である欲界において、定を得るための修行を実践して得られる[1]。もうひとつの生得定は、定地である色界無色界に生まれることで自然に得られる[1]。色界定では生静慮と定静慮、無色界定では生無色、定無色である[1]倶舎宗では、有心定と無心定に大別する[1]

境地の深まりにおいて様々な定がある[2]

色界においては、が均等であり静慮と名付けられる[2]。四静慮は、初静慮、第二静慮、第三静慮、第四静慮である[2]。無色界では止が強く、四無色定は空無辺処定、識無辺処定、無所有処定、非想非非想処定である[2]

初静慮の前段階は未至定(みしじょう)といい、あとは各段階に近づきつつある場合に、近分定(ごんぶんじょう)、それぞれの定に入り終わったものを根本定という[2]。第四静慮には下下品から上上品までの九品がある[2]。色界の最上となる上上品は辺際定(へんざいじょう)という[2]

四禅と四無色定の上に、滅尽定(nirodha-samāpatti[4][5])すなわち、滅受想定(saññāve-dayita-nirodha-samāpatti[4][5])があり[4][5][6]、九次第定と呼ばれる[4][7]

九次第定とは、パーリ語仏典では9つの禅定を置く形で説明が保たれており、初禅、第二禅、第三禅、第四禅、空無辺処、識無辺処、無所有処定、非想非非想処、滅受想となり、この最後だけが釈迦が初めて到達した仏教に特徴的な禅定だとされる[8]。このため、南伝仏教阿羅漢にしかなれない仏教であるとされる[9]。一方、『阿含経』やパーリニカーヤでは、最上位に滅受想定(滅尽定)が存在するとされ、九次第定で想受滅定が語られる位置に、無相の心定として言及され、この無相の心定とは滅受想定から出定する際の観であると解釈されている[7]

なお、滅尽定については、異なる複数以上のサンスクリットの漢訳として用いられており、滅受想定と同義の漢訳の他に、ubhaya(to)-bhāga-vimųka からの翻訳がある[10]。この訳語としての滅尽定(ubhaya(to)-bhāga-vimųka)は、菩薩十地の第六地(般若波羅蜜)[11]において入定し、第七地(方便波羅蜜)[11]で入出定するようになるとする[12]如来如去性(in both ways - portion - letting go)に関わる原意で[13]、九次第定の滅受想定とは異なる定である。『入中論』の十地における滅尽定は、月称(チャンドラキールティ)の注釈にも、第六地から第八地にかけて入定するということであるとしている[7]。ツォンカバの『密意解明』でも同様である[14]

これら定の名称については、同じサンスクリットが異なる複数以上の漢訳を持つ場合がある一方、全く異なる意味のサンスクリットが同じ漢語で訳され(例: 滅尽定)[10]、しかも他の漢訳(例: 滅受想定)と同義となってしまっていることがあるので注意を要する。

禅定#禅定の段階も参照。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j 総合仏教大辞典編集委員会 『総合佛教大辞典』 法蔵館、2005年、687-688頁。ISBN 4-8318-7070-6
  2. ^ a b c d e f g h i (編集)中村元、田村芳朗、末木文美士、福永光司、今野達 『岩波仏教辞典』 岩波書店、2002年、第2版、513-514頁。ISBN 4-00-080205-4
  3. ^ a b マハーシ長老 『ミャンマーの瞑想―ウィパッサナー観法』 ウ・ウィジャナンダー訳、国際語学社、1996年、162頁。ISBN 4-87731-024-X
  4. ^ a b c d 長崎法潤「滅尽定について」 (pdf) 、『大谷学報』第39巻第2号、1959年11月、 64-76頁。
  5. ^ a b c 服部弘瑞 『原始仏教に於ける涅槃の研究』 山喜房仏書林、2011年、610頁。ISBN 978-4796302135 該当ページではでは受想滅[定]とあり、定 samāpatti が抜けた表記。
  6. ^ 桐山靖雄 『人間改造の原理と方法―原始仏教から密教まで』 平河出版社、1977年、198頁。 ASIN B000J8OBDK
  7. ^ a b c 太田蕗子「大乗菩薩道における無相と滅尽定の背景について」、『印度學佛教學研究』第64巻第1号、2015年12月20日、 402-397頁。
  8. ^ 藤本晃「パーリ経典に説かれる「九次第定」の成立と構造」、『印度學佛教學研究』第53巻第2号、2005年、 891-888頁、 doi:10.4259/ibk.53.891NAID 130004027834
  9. ^ 竹村牧男著(講談社現代新書) 『覚りと空』 第3章 大乗仏教の出現。
  10. ^ a b 『仏教漢梵大辞典』 平川彰編纂 (霊友会) 「滅尽定」、及びその対照逐訳。
  11. ^ a b 『大乗仏典 8巻 十地経』荒牧典俊訳 (中央公論社) 210頁
  12. ^ 『大乗仏典 8巻 十地経』荒牧典俊訳 (中央公論社) 222-223頁
  13. ^ उभय (ubhaya) - भाग (bhAga) - विमोक (vimoka) - Spoken Sanskrit Dictionary.
  14. ^ 太田蕗子「ツォンカパ著『密意解明』における菩薩の修道階梯 : 滅尽定を中心として」、『日本西蔵学会々報』第54号、2008年6月1日、 33-45頁。