七覚支

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

七覚支(しちかくし、: satta bojjhaṅgā, サッタ・ボッジャンガー)とは、仏教における修行内容の1つ。悟りの7つの支分をなす項目。七菩提分(しちぼだいぶん)とも。「七科三十七道品」の中の1つ。

内容[編集]

七覚支の内容は以下の通り[1]

  1. 念覚支(sati-sambojjhaṅga) - 気づき。心で今の瞬間の現象を自覚すること
  2. 択法ちゃくほう覚支(dhamma-vicaya--sambojjhaṅga) - 法の中から真実のものを選ぶ
  3. 精進覚支(viriya-sambojjhaṅga) - 努力
  4. 喜覚支(pīti-sambojjhaṅga) - 喜びに住する
  5. 軽安きょうあん覚支(passaddhi-sambojjhaṅga) - 心身に軽やかさ・快適さを感じる
  6. 定覚支(samādhi-sambojjhaṅga) - 心が集中して乱れない
  7. 捨覚支(upekkhā-sambojjhaṅga) - 対象に囚われない


脚注・出典[編集]

  1. ^ P.A.パユットー 著、野中耕一 訳『ポー・オー・パユットー 仏教辞典(仏法篇)』、2012年2月、サンガ、p.159-160

関連項目[編集]