四正勤

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

四正勤(ししょうごん、: cattāro sammappadhānā, チャッターロ・サンマッパダーナー)とは、仏教における修行内容の1つ。「三十七道品」の中の第2の行法で、4種の正しい努力のこと[1][2]。「四精勤」(ししょうごん)[3]、「四正断」(ししょうだん)[4][1]、「四意断」(しいだん)[1]とも訳される。

内容[編集]

四正勤の内容は以下の通り[1][2][3]

  • 断断 - 既に生じた悪を除くように勤める
  • 律儀断 - まだ生じない悪を起こさないように勤める
  • 随護断 - まだ生じない善を起こすように勤める
  • 修断 - 既に生じた善を大きくするように勤める

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 『仏教学辞典』P.195「四正勤」。
  2. ^ a b 『岩波仏教辞典』第二版、P.520「正勤」。
  3. ^ a b 『ブッダ最後の旅』P.249。
  4. ^ 玄奘 訳『大般若波羅蜜多経』(大正蔵220)以降にみられる新訳表現。

参考文献[編集]

  • 中村 元ほか編 『岩波仏教辞典』 岩波書店、2002年10月、第二版。ISBN 4-00-080205-4
  • 多屋頼俊、横超慧日・舟橋一哉 編 『仏教学辞典』 法藏館、1995年4月、新版。ISBN 4-8318-7009-9
  • 中村元 訳 『ブッダ最後の旅』 岩波書店〈岩波文庫 青325-1〉、1980年6月。ISBN 4-00-333251-2