論蔵 (パーリ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
パーリ仏典 > 論蔵 (パーリ)

論蔵: Abhidhamma Piṭaka, アビダンマ・ピタカ)とは、『パーリ仏典』の三蔵: Ti-piṭaka, ティピタカ)における: Abhidhamma, アビダンマ)に関する文献が収められた領域、蔵(piṭaka)のこと(論蔵)。

部派仏教の時代、各部派ごとに各種の「論」(: Abhidhamma, アビダンマ: Abhidharma, アビダルマ)が作られたが[1]、今日まとまった形で現存している部派仏教時代の論(アビダンマ/アビダルマ)は、この南伝上座部仏教分別説部)のパーリ語テキストと、北伝仏教に伝わる漢訳された説一切有部の『六足論』『発智論』(いわゆる「六足発智」)のみである。

構成[編集]

『パーリ仏典』の論蔵は、以下の7論で構成されている。

  • 法集論』(ほうしゅうろん、: Dhammasaṅgaṇī, ダンマサンガニー
  • 分別論』(ふんべつろん、: Vibhaṅga, ヴィバンガ
  • 界論』(かいろん、: Dhātukathā, ダートゥカター
  • 人施設論』(にんせせつろん、: Puggala-paññatti, プッガラ・パンニャッティ
  • 論事』(ろんじ、: Kathāvatthu, カターヴァットゥ
  • 双論』(そうろん、: Yamaka, ヤマカ
  • 発趣論』(ほっしゅろん、: Paṭṭhāna, パッターナ

日本語訳[編集]

  • 『南伝大蔵経・論蔵』(全14巻15冊) 大蔵出版

脚注・出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]