八正道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

八正道(はっしょうどう、: Ariya-attangika-magga, アリヤ・アッタンギカ・マッガ: Ārya-aṣṭāṅgika-mārga , アーリヤ・アシュターンギカ・マールガ)は、釈迦が最初の説法において説いたとされる、涅槃に至る修行の基本となる、正見、正思惟、正語、正業、正命、正精進、正念および正定の、8種の徳。「八聖道」とも「八支正道」とも言うが、倶舎論では「八聖道支」としている。この 「道」が偏蛇を離れているので正道といい、聖者の「道」であるから「聖道」(: ārya-mārga )と言う。

初期仏教においては、この「八正道」のみを単独で取り出すことはなく、パーリ語経典長部の『大般涅槃経』等で釈迦自身も述べているように[1]、「七科三十七道品」の一部(一科)として扱う(位置付ける)のが基本である。

正見[編集]

正見しょうけん: sammā‑diṭṭhi, : samyag-dṛṣṭi )とは、仏道修行によって得られる仏の智慧であり、様々な正見があるが、根本となるのは四諦の真理などを正しく知ることである。

  • 業自性ごうじしょう正見[2]: kammassakatā sammā‑diṭṭhi[3] - を自己とする正見。
生きとし生けるもの(: sattā)は、
  • 業(だけ)を自己の所有とする(: kammassakā
  • 業(だけ)を相続する(: kammadāyādā
  • 業(だけ)を(輪廻的生存の)起原、原因とする(: kammayonī
  • 業(だけ)を親族とする(: kammabandhū
  • 業(だけ)を依り所とする(: kammapaṭisaraṇā
  • 十事正見(: dasavatthukā sammā-diṭṭhi[3]
  1. 布施の果報はある(: atthi dinnaṃ)
  2. 大規模な献供に果報はある(: atthi yiṭṭhaṃ)
  3. 小規模な献供に果報はある(: atthi hutaṃ)
  4. 善悪の行為に果報がある(: atthi sukatadukkaṭānaṃ kammānaṃ phalaṃ vipāko)
  5. (善悪の業の対象としての)母は存在する(母を敬う行為に良い結果があるなど)(: atthi mātā)
  6. (善悪の業の対象としての)父は存在する(父を敬う行為に良い結果があるなど)(: atthi pitā)
  7. 化生によって生まれる衆生は存在する(: atthi sattā opapātikā)
  8. 現世は存在する(: atthi ayaṃ loko)
  9. 来世は存在する(: atthi paro loko)
  10. この世において、正しい道を歩み、自らの智慧によって今世と他世を悟り、(正しい教えを)明かにする修行者とバラモン、そして悟りを開いた者は存在する。(: atthi loke samaṇabrāhmaṇā sammaggatā sammāpaṭipannā ye imañca lokaṃ parañca lokaṃ sayaṃ abhiññā sacchikatvā pavedenti)
  • 四諦正見(: catusacca sammā-diṭṭhi[3]
  • 苦諦についての智慧(: dukkhe ñāṇaṃ
  • 苦集諦についての智慧(: dukkha-samudaye ñāṇaṃ
  • 苦滅諦についての智慧(: dukkha-nirodhe ñāṇaṃ
  • 苦滅道諦についての智慧(: dukkha-nirodhagāminiyā paṭipadāya ñāṇaṃ

「正しく眼の無常を観察すべし。かくの如く観ずるをば是を正見と名く。正しく観ずるが故に厭を生じ、厭を生ずるが故に喜を離れ、貪を離る。喜と貪とを離るるが故に、我は心が正しく解脱すと説くなり」といわれるように、われわれが身心のいっさいについて無常の事実を知り、自分の心身を厭う思を起こし、心身のうえに起こす喜や貪の心を価値のないものと斥けることが「正見」である。このように現実を厭うことは、人間の普通の世俗的感覚を否定するものに見えるが、その世俗性の否定によって、結果として、真実の認識(如実知見)に至るための必要条件が達せられるのである。正見は「四諦の智」といわれる。

この正見は、以下の七種の正道によって実現される。 八正道は全て正見に納まる。

正思惟[編集]

正思惟しょうしゆい: sammā-saṅkappa, : samyak-saṃkalpa )とは、正しく考え判断することであり、出離(離欲)を思惟し無瞋を思惟し、無害を思惟することである。このうち「出離(離欲)」とはパーリの原文では「nekkhamma」で、世俗的なものから離れることを意味する。財産、名誉、など俗世間で重要視されるものや、感覚器官による快楽を求める「五欲」など、人間の俗世間において渇望するものの否定である。これら3つを思惟することが正思惟である。

  • 出離思惟(: nekkhamma saṅkappa)
  • 無瞋思惟(: abyāpāda saṅkappa)
  • 無害思惟(: avihiṃsā saṅkappa)

正語[編集]

正語しょうご: sammā-vācā, : samyag-vāc )とは、妄語(嘘)を離れ、綺語(無駄話)を離れ、両舌(仲違いさせる言葉)を離れ、悪口(粗暴な言葉)を離れることである。

正業[編集]

正業しょうごう: sammā-kammanta, : samyak-karmānta )とは、殺生を離れ、盗みを離れ、性的行為(特に社会道徳に反する性的関係)を離れることをいう。 この二つは正思惟されたものの実践である。

正命[編集]

正命しょうみょう: sammā-ājīva, : samyag-ājīva

「邪命を捨てて、正命によって命を営む」とか「如法に衣服、飲食、臥具、湯薬を求めて不如法に非ず」といわれるのは、如法な生活それが正命であることをあらわす。簡潔にいえば、道徳に反する職業や仕事はせず、正当ななりわいを持って、人として恥ずかしくない生活を規律正しく営むことである。

正精進[編集]

正精進しょうしょうじん: sammā-vāyāma, : samyag-vyāyāma )とは、四正勤(ししょうごん)、すなわち「すでに起こった不善を断ずる」「未来に起こる不善を生こらないようにする」「過去に生じた善の増長」「いまだ生じていない善を生じさせる」という四つの実践について努力することである。

正念[編集]

正念しょうねん: sammā-sati, : samyak-smṛti ) 四念処(身、受、心、法)に注意を向けて、常に今現在の内外の状況に気づいた状態でいることが「正念」である。

正定[編集]

正定しょうじょう (: sammā-samādhi, : samyak-samādhi ) 正しい集中力(サマーディ)を完成することである。この「正定」と「正念」によってはじめて、「正見」が得られるのである。

脚注[編集]

  1. ^ 『ブッダ最後の旅 大パリニッバーナ経』 中村元 岩波文庫 第3章50-51 pp. 100-102
  2. ^ 人間の本質について (性善説・性悪説とは)- バッダンタ ニャーヌッタラ長老
  3. ^ a b c The Manual of the Constituents of the Noble Path by Mahathera Ledi Sayadaw

関連項目[編集]