沙門

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジャイナ教の僧侶

沙門(しゃもん、: Śramaṇa, シュラマナ: Samaṇa, サマナ)は、古代インド社会に於いて生じた、仏教ジャイナ教などヴェーダの宗教ではない新しい思想運動における男性修行者を指す[1]。「つとめる人」の意[1]。桑門、勤息、貧道とも言う。後に仏教では比丘と同義になった[2]

由来[編集]

語源はサンスクリットで努力を意味する śram から来ているとされるが、静まるを意味する śam から来ていると言う説もある。前者の意味として功労、後者の意味として息心と意訳される事があり、上記の勤息は両方の意味を合わせた訳語である。

一説には、シャーマンの語源を沙門とするが、これは、未だ俗説の域を出ていない。シャーマンの語源はツングース系語族の「薩満」であるというのが、有力な学説である。

パーリ仏典における記載[編集]

パーリ経典に登場する沙門[3] (六師外道)
(沙門果経より[4])
沙門[3] 論(思想)[4]
プーラナ・カッサパ 無道徳論、道徳否定論: 善行も悪行もなく、善悪いずれの報いも存在しない。
マッカリ・ゴーサーラ
(アージーヴィカ教)
運命決定論 (宿命論): 自己の意志による行いはなく、一切はあらかじめ決定されており、定められた期間流転する定めである。
アジタ・ケーサカンバリン(順世派) 唯物論感覚論快楽主義: 人は四大からなり、死ぬと散じ何も残らない。善悪いずれの行いの報いもないとし、現世の快楽・享楽のみを説く。
パクダ・カッチャーヤナ 要素集合説:人は地・水・火・風の四元素と、苦・楽および命(霊魂)の七つの要素の集合にで構成され、それらは不変不動で相互の影響はない。
マハーヴィーラ
(ジャイナ教)
相対主義、苦行主義、要素実在説: 霊魂は永遠不滅の実体であり、乞食・苦行生活で業の汚れを落とし涅槃を目指す。
サンジャヤ・ベーラッティプッタ
不可知論懐疑論: 真理をあるがままに認識し説明することは不可能であるとする。判断の留保。


脚注[編集]

  1. ^ a b 「沙門」 - ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
  2. ^ 「沙門【しゃもん】」 - 百科事典マイペディア
  3. ^ a b 水野弘元『増補改訂パーリ語辞典』春秋社、2013年3月、増補改訂版第4刷、p.334
  4. ^ a b DN 2 (Thanissaro, 1997; Walshe, 1995, pp. 91-109).

関連項目[編集]