カーマ (ヒンドゥー教)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
Kama
欲望を引き起こす弓を持つ神、カーマデーヴァ
芸術・自然による美的快楽[1]

カーマサンスクリット語/パーリ語: Kama, [ˈkɑːmə])とは、ヒンドゥー文献において欲求、欲望を意味する言葉である[2]。カーマは、欲望、性欲、情熱、憧れ、感覚への喜び、耽美的生き方、愛などを指し、現代的な例を挙げるなら、テレビゲームの長時間プレー、喫煙への欲求、成功への欲求などを指すであろう[3][4]

カーマはヒンドゥー教における、人生の4つの目的の1つである[5]ダーマ(高潔、適切、道徳的な人生)、アルタ(物的財産、所得保障、生活の手段)とモクシャ(自由、解放、自己実現)といった、他の3つの目標を犠牲にすることなく満たされたならば、本質的で健康的な人生を送れるであろうとされている[6][7]。これら4つの目標はプルシャアルタ(Puruṣārtha)と呼ばれている[8]

仏教[編集]

仏教パーリ経典においては、釈迦は官能的カーマの放棄 (ネッカンマnekkhamma)こそが悟り(ボーディ)への道だと説いた[9]。一部の仏教とは、五戒を暗唱することを日課とし、それには不邪婬戒(kāmesu micchacara กาเมสุ มิจฺฉาจารา) が含まれる[10]

脚注[編集]

  1. ^ See:
  2. ^ Monier Williams, काम, kāma Monier-Williams Sanskrit English Dictionary, pp 271, see 3rd column
  3. ^ Macy, Joanna (1975年). “The Dialectics of Desire”. Numen (BRILL) 22 (2): 145–60. JSTOR 3269765. 
  4. ^ Lorin Roche. “Love-Kama”. 2011年7月15日閲覧。
  5. ^ James Lochtefeld (2002), The Illustrated Encyclopedia of Hinduism, Volume 1, Rosen Publishing, New York, 0-8239-2287-1, pp 340
  6. ^ The Hindu Kama Shastra Society (1925), The Kama Sutra of Vatsyayana, University of Toronto Archives, pp. 8
  7. ^ see:
    • A. Sharma (1982), The Puruṣārthas: a study in Hindu axiology, Michigan State University, 9789993624318, pp 9-12; See review by Frank Whaling in Numen, Vol. 31, 1 (Jul., 1984), pp. 140-142;
    • A. Sharma (1999), The Puruṣārthas: An Axiological Exploration of Hinduism, The Journal of Religious Ethics, Vol. 27, No. 2 (Summer, 1999), pp. 223-256;
    • Chris Bartley (2001), Encyclopedia of Asian Philosophy, Editor: Oliver Learman, 0-415-17281-0, Routledge, Article on Purushartha, pp 443
  8. ^ Kama in Encyclopædia Britannica, Chicago, 2009
  9. ^ See, for instance, Dvedhavitakka Sutta (MN 19) (Thanissaro, 1997a).
  10. ^ See, for instance, Khantipalo (1995).

参考文献[編集]

外部リンク[編集]