ブラフマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ブラフマンब्रह्मन् brahman)は、ヒンドゥー教またはインド哲学における宇宙の根本原理。自己の中心であるアートマンは、ブラフマンと同一(等価)であるとされる(梵我一如)。

概要[編集]

サンスクリットの「力」を意味する単語からきている。特に、物質世界を変える儀式や犠牲(生贄)の力を意味する。そこから、単語の2つ目の意味が出てくる。2つ目の意味はヒンドゥー教の最高のカーストブラフミン (en:Brahmins) であり、彼らは上述のような力を持っているとされる。

歴史[編集]

神聖な書物であるウパニシャッドにあるように、ヒンドゥー教のヴェーダーンタ学派 (Vedantic) の思想によれば、この単語が指しているのは、外界に存在する全てのと全ての活動の背後にあって、究極で不変の現実である。

ブラフマンは宇宙の源である。神聖な知性として見なされ、全ての存在に浸透している。それゆえに、多くのヒンドゥーの神々は1つのブラフマンの現われである。初期の宗教的な文書、ヴェーダ群の中では、全ての々は、ブラフマンから発生したと見なされる。

Great indeed are the Gods who have sprung out of Brahman. - Atharva Veda
偉大なるものは、実に、ブラフマンの中から湧き出て来た神々である。 - 『アタルヴァ・ヴェーダ

ウパニシャッド哲学者は、ブラフマンはアートマンと同一であるとする(梵我一如)。ヴェーダの神々の体系では、ブラフマンはブラフマーと同一のものであり、そのブラフマーに相応しい者(またはブラフマーに成った者)がブラーフマナ=バラモン(ब्राह्मण braahmaNa)であると見なされた。ブラフマー(創造者)は三神一体Trimurti)の神々の1つであり、ヴィシュヌ(保持者)と、シヴァ(破壊者)とは本来同一とされている。

仏教梵天勧請の逸話をもって釈迦がヴェーダでいうところのブラーフマナ(バラモン)と成ったことを示唆するが、釈迦自体はブラーフマナ(バラモン)の呼称は本来の意味を逸れて種姓階級化したものであるとして批判した。仏教はブラーフマナ(バラモン)ではなく、同義の修行者を声聞などと呼称した。

関連項目[編集]