三法印

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

三法印(さんぼういん : dharmamudrā-trilakṣaṇā[1])は、小乗仏教において、仏教の三つの根本的な理念を示す仏教用語[2][3]

概要[編集]

「三法印」は小乗仏教において、仏教の根本的な理念を示す3つの教理である[2][3]。仏教と他の教え(バラモン教ヒンドゥー教六師外道)との区別を明らかにする用語[4]

  1. 諸行無常印(: anityāṃ sarvasaṃskārāṃ[1])-「すべての現象(形成されたもの)は、無常(不変ならざるもの)である」
  2. 諸法無我印(: sarvadharmā anātmānaḥ[1])-「すべてのものごと(法)は、自己ならざるものである」
  3. 涅槃寂静印(: śāntaṃ nirvāṇaṃ[1])-「ニルヴァーナは、安らぎである」

龍樹の著作といわれる『大智度論』巻十五では、まだ煩悩を十分に絶滅することができないで、有漏道(うろどう)にあって無漏道を得ていない人々が「三種法印」を信ずべきである、として「一切有為生法無常等印」・「一切法無我印」・「涅槃実法印」の三法印を示している。また巻三十二では「一切有為法無常印」「一切法無我印」「涅槃寂滅印」とよんでいる。

三法印と大乗仏教[編集]

中村元は、小乗仏教の三法印に対して、大乗仏教諸法の実相を説く「実相印」を標幟とするとしている[5]。大乗仏教では小乗仏教の三法印とは別に、諸法実相の「一法印」がよく説かれる[4][6]。中村は実相印を第四の印としている[5]。なお、諸法実相が意味する内容は諸宗派の教学によって異なる[5]。中村は、龍樹(ナーガールジュナ)は三宝印のほかに別の法印を立てなかったとしている[7]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d 室寺義仁三法印(dharmamudra trilaksana) : 古典インドにおける三句の發端と展開の諸樣相』、東方学報 = Journal of Oriental studies 88、pp. 442-423、2013-12
  2. ^ a b さん‐ぼういん〔‐ボフイン〕【三法印】 - デジタル大辞泉(goo辞書)
  3. ^ a b 小乗仏教(しょうじょうぶっきょう)とは - コトバンク”. 朝日新聞社. 2017年9月18日閲覧。
  4. ^ a b ほういん【法印】 - コトバンク 大辞林 第三版の解説。
  5. ^ a b c 中村元 『広説佛教語大辞典』 中巻 東京書籍、2001年6月、701頁「實相」。
  6. ^ 《三法印》与《一法印》 - 个人图书馆。
  7. ^ 中村元 『広説佛教語大辞典』 中巻 東京書籍、2001年6月、927頁「諸法實相印」。

関連項目[編集]