三法印

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

三法印(さんぼういん)は、仏教において三つの根本的な理念を示す仏教用語である[1]

概説[編集]

「三法印」は仏教において、仏教の根本的な理念を示す3つの教理[1]である。法印(ほういん、: dharmoddāna[2][3])とは、仏教と他の教え(バラモン教ヒンドゥー教六師外道)との区別を明らかにする用語[4]と一般に言われるが、パーリ仏典には、このような術語はみられない。[5][1]

  1. 諸行無常印(: anityāṃ sarvasaṃskārāṃ[6])-「すべての現象(形成されたもの)は、無常(不変ならざるもの)である」
  2. 諸法無我印(: sarvadharmā anātmānaḥ[6])-「すべてのものごと(法)は、自己ならざるものである」
  3. 涅槃寂静印(: śāntaṃ nirvāṇaṃ[6])-「ニルヴァーナは、安らぎである」

龍樹の著作といわれる『大智度論』巻十五では、まだ煩悩を十分に絶つことができないで、有漏道(うろどう)にあって無漏道を得ていない人々が「三種法印」を信ずべきである、として「一切有為生法無常等印」・「一切法無我印」・「涅槃実法印」の三法印を示している。また巻三十二では「一切有為法無常印」「一切法無我印」「涅槃寂滅印」とよんでいる。[要出典]

仏教詩人マートリチェータの説[編集]

2世紀ごろの仏教詩人マートリチェータは自作中において"dharmamudrã trilakṣaṇā"という表現で三つの教えを表した。それは以下の通り。[7]

  1. Sarva-dharmā anātmanaḥ[7] - 一切の法は無我である。
  2. Kṣaṇikaṃ sarva-saṃskṛtam[7] - 一切の作られたものは刹那(滅)である。
  3. Śāntaṃ nirvāṇam[7] - 涅槃は寂静である。

マートリチェータはこれらを「eṣa dharmamudrã trilakṣaṇā」(これが『三法印』である。)としている。[注 1][7]

三法印と大乗仏教[編集]

中村元は、三法印は部派仏教のものであり、それに対して、大乗仏教諸法の実相を説く「実相印」を標幟とするとしている[8]。大乗仏教では部派仏教の三法印とは別に、諸法実相の「一法印」がよく説かれるとされる[4][9]。中村は実相印を第四の印としている[8]。なお、諸法実相が意味する内容は諸宗派の教学によって異なる[8]。中村は、龍樹(ナーガールジュナ)は三宝印のほかに別の法印を立てなかったとしている[10]。袴谷憲昭はエジャートンの『Buddhist Hybrid Sanskrit Dictionary』には“dharmamudrā”の用例が三つしか挙げられておらず、すべて梵文の法華経によるものであると指摘している[5]。また袴谷は、坂本幸男による「小乗教は三法印、大乗は諸法実相印。」という言明について、天台宗智顗の所説に依っていることを推測している[11]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ dharmamudrã trilakṣaṇā”に対する「三法印」という訳は室寺(2013)による。

出典[編集]

  1. ^ a b c 三枝充悳、「三法印」 - 日本大百科全書(ニッポニカ)、小学館。
  2. ^ 袴谷 1979, pp. 60-66.
  3. ^ 室寺 2013, p. 431.
  4. ^ a b ほういん【法印】 - コトバンク 大辞林 第三版の解説。
  5. ^ a b 袴谷 1979, p. 60.
  6. ^ a b c 室寺 2013, p. 442.
  7. ^ a b c d e 室寺 2013, p. 434-433.
  8. ^ a b c 中村元 『広説佛教語大辞典』 中巻 東京書籍、2001年6月、701頁「實相」。
  9. ^ 《三法印》与《一法印》 - 个人图书馆。
  10. ^ 中村元 『広説佛教語大辞典』 中巻 東京書籍、2001年6月、927頁「諸法實相印」。
  11. ^ 袴谷 1979, p. 62.

参考文献[編集]

関連項目[編集]