三学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
仏教用語
三学
パーリ語 tisikkhā
サンスクリット語 त्रिशिक्षा (triśikṣā)
チベット語 ལྷག་པའི་བསླབ་པ་གསུམ།
(Wylie: lhag-pa’i bslab-pa gsum)
中国語 三学
(拼音sān xué)
日本語 三学
(ローマ字: sangaku)
韓国語 삼학
(RR: samhak)
英語 threefold training, three trainings, three disciplines
タイ語 ไตรสิกขา
ベトナム語 tam học
テンプレートを表示

三学(さんがく, : tisikkhā)とは、釈迦によって示された、仏道を修行する者がかならず修めるべき3つの基本的な修行項目をいう[1]三勝学(さんしょうがく)とも。具体的には、戒学・定学・慧学の3つを指す[1][2]。この戒 ・定 ・慧は、修習の順番が重要である[2]

  1. 戒学(かいがく) - によって身口意(しんくい)の三業(さんごう)が清らかになり、禅定に入りやすくなる[2]
  2. 定学(じょうがく)- 禅定を修めることで、慧が得られる[2]
  3. 慧学(えがく) - 智慧(パンニャー)を修めることで煩悩が排され、解脱智見が得られる[2]

三学に解脱(vimutti)、解脱智見(vimutti-ñāṇa-dassana)を加えたものを五分法身と呼ぶ[3]

パーリ仏典[編集]

Tīṇimāni bhikkhave samaṇassa samaṇakaraṇīyāni. Katamāni tīṇi:
adhisīlasikkhāsamādānaṃ, adhicittasikkhāsamādānaṃ, adhipaññāsikkhāsamādānaṃ,
imāni kho bhikkhave tīṇi samaṇassa samaṇakaraṇīyāni.

比丘たちよ、これら三つの、沙門のための沙門がすべき事がある。いかなる三か。
増上学の受戒、増上学の受戒、増上学の受戒である。
比丘たちよ、これら三つが、沙門のための沙門がすべき事である。

Tisso imā bhikkhave sikkhā. Katamā tisso? Adhisīlasikkhā adhicittasikkhā adhipaññāsikkhā.

比丘たちよ、これら三つの学(sikkhā)がある。いかなる三か。
増上戒学、増上心学、増上慧学である。

それぞれを修めたならば、激しい欲(chando)は起こらず、三毒(rāgo, doso, moho)は消えてしまうと釈迦は説く[4]。三学を修習しない者は、真の比丘ではないと釈迦は説いている[1]。また釈迦は、農夫らが予め田畑を耕してから種を捲くように、比丘たちはまず三学を修習するよう説いている[4]

八正道との関係[編集]

三学と八正道は、以下のように隣接関係にある[5]

分類 要素
[6] (梵: śīla, 巴: sīla) 3. 正語
4. 正業
5. 正命
[6] (サマーディ, 梵/巴: samādhi) 6. 正精進
7. 正念
8. 正定
般若 (パンニャー, 梵: prajñā, 巴: paññā) 1. 正見
2. 正思惟

象跡喩小経においては、三学に沿った16段階の修行道が説かれている[2]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c 崔 鍾男「戒・定・慧 三学の修行方法」『印度學佛教學研究』第54巻第1号、2005年、 436-432頁、 NAID 110004026844
  2. ^ a b c d e f ターナヴットー ビック「ニカーヤにおける八聖道と三学系統の修行道」『インド哲学仏教学研究』第4巻、1996年、 3-15頁、 NAID 120006908941
  3. ^ 雑阿含経 638
  4. ^ a b パーリ仏典, 増支部三集沙門品, Sri Lanka Tripitaka Project
  5. ^ Prebish, Charles (2000), “From Monastic Ethics to Modern Society”, in Keown, Damien, Contemporary Buddhist Ethics, Routledge Curzon 
  6. ^ a b Harvey 2013, p. 83-84.

参考文献[編集]

  • Harvey, Peter (2013), An Introduction to Buddhism, Cambridge University Press 

関連項目[編集]