サマタ瞑想

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

サマタ瞑想[1][注 1](サマタめいそう、: samatha, サマタ: śamatha, シャマタ、奢摩他、漢訳: [2])、(し)とは、仏教の用語で、ひとつの対象に心を落ち着かせることである[3]。静かな澄み切った心の状態であり[4]、こうした上で対象を正しく観察するということが(かん、: Vipassanā)であり、不離の関係にあり併せて止観という[3]。このため、観とで、鳥の双翼あるいは、車の車輪のようにたとえられる[2]。対象に集中するという瞑想は、仏教以外の修行でも共通する修行であり特別なことではないが、他の修行を実践するための土台となる[4]

上座部仏教では業処と呼ばれる瞑想対象が40種類ある。現在、欧米で広まっているヴィパッサナー瞑想(観)の一類である、上座部仏教のマハーシの文脈における瞑想では、準備段階としてサマタ(止)の一種である慈悲の瞑想が行なわれる。最も一般によく使われるサマタは呼吸を対照する安那般那念(別名アーナーパーナ・サティ)である。

大乗仏教では止に対する5つの障害があるとし、心が重い懈怠(けだい)、注意深さのない失念、心が対象をとらえず沈む惛沈(こんじん)と対象にとどまらず散ってしまう掉挙(じょうこ)、惛沈・掉挙に結びついていることそれ自体、不要な時にこれら障害を対抗する実践を行っていることである[4]。懈怠に対しては信仰と決断力と努力と心の巧妙さ(信、欲、勤、軽安)であり、失念に対抗するのはであり、惛沈・掉挙には正知であり、探求心と心の落ち着きが残りに対抗する[4]

精神が集中し、色界無色界の各4つの段階(地)をもつ禅定が達成される[4]。色界の禅定を修し終えたものを阿羅漢と呼ぶ。古くからそれまでの段階は瞑想座禅で想じて作す境地と誤解されるがそうではない[5]。仏教では阿羅漢でない者が阿羅漢を名乗ることは故意・過失を問わず「大妄語」とされ、最も重い波羅夷罪となる。

samatha という原語は、仏典においてのみ使われおり、インドの一般の文献には見られない[6]。仏教が成立した初期の頃には、『ウパニシャッド』やジャイナ教と同じく、dhyāna(禅定)や、yoga といった表現を用いた[6]。止の原語である samatha や śamatha は『ウパニシャッド』では使われず、それに近い śama や śanti であればヒンドゥー教での中心的な概念となっている[6]。samatha という言葉は仏教の成立後しばらく後に用いられるようになったと考えられる[6]。漢訳では一般には止であり、奢摩他と音写されることもある[6]。六息念の sthāpanāsthāna も止と訳されるが、意味は同一ではない[7]

初期の経典『小部』では止観のように観の字は併記されず、止や心寂止がよく登場するため、特に心寂止という言葉は、観よりも早く成立したと考えられる[8]説一切有部などの後代には、止観という言葉が生まれている[6]。この時代の初期・中期(2-3世紀ごろ)の「六足・初智」や『大毘婆沙論』では、止と観のバランスが重要であると強調されている(も参照)[9]。後の(4-5世紀)[9]、『倶舎論』の「賢聖品」において、止は不浄数息の2つの修行法を指し、そこでを達成する[10]。この時代になって初めてこのような具体的な修行法が定められている[9]。『順正理論』では、観で煩悩を断じるときに止を伴う必要があるとされている[10]

注釈[編集]

  1. ^ この著書『アビダンマ講義シリーズ第七巻』では、「サマタ(samatha)」を瞑想であると紹介した後に「サマタ瞑想」と呼び始めている。一方で『アビダンマ講義シリーズ第二巻』では、「サマタ(サマーディ)瞑想」逆に「サマーディ(サマタ)瞑想」といった表記が混在している。また、同著者の『沙門果経』(サンガ、2015年 ISBN 978-4-86564-013-7 )では、「サマーディ瞑想」と呼んでいる。この通り、同一著者において呼称は統一されていない。なお、サマーディとは原語であり、漢訳でと記され、止によって達する状態のことであり、別の概念である。

出典[編集]

  1. ^ アルボムッレ・スマナサーラ 『ブッダの実践心理学 アビダンマ講義シリーズ 第七巻』 藤本晃訳、サンガ、2012年11月、9頁。
  2. ^ a b 総合仏教大辞典編集委員会 「止観」『総合佛教大辞典』 法蔵館、2005年、518-519頁。ISBN 4-8318-7070-6
  3. ^ a b 中村元 「止」『佛教語大辞典』 東京書籍、1975年、506頁。
  4. ^ a b c d e ダライ・ラマ14世テンジン・ギャツォ 『ダライ・ラマ 智慧の眼をひらく』 菅沼晃訳、春秋社、2001年、106-135、。ISBN 978-4-393-13335-4 全面的な再改訳版。(初版『大乗仏教入門』1980年、改訳『智慧の眼』1988年)The Opening of the Wisdom-Eye: And the History of the Advancement of Buddhadharma in Tibet, 1966, rep, 1977。上座部仏教における注釈も備える。
  5. ^ 大正新脩大蔵経テキストデータベース 『佛説廣博嚴淨不退轉輪經』 (T1819_.40.0836a24 ~): 非須陀洹果作須陀洹果想。非斯陀含果作斯陀含果想。非阿那含果作阿那含果想。非阿羅漢果作阿羅漢果想。…(中略)…。阿難。汝往重告諸比丘比丘尼優婆塞優婆夷來集聽法。此法皆是汝等昔所未聞。
  6. ^ a b c d e f 中村元「原始仏教における止観」、『印度學佛教學研究』第23巻第1号、1974年、 24-29頁、 doi:10.4259/ibk.23.24
  7. ^ 洪鴻榮「止・観の語源 : 安那波那念におけるsamatha・vipasyanaとsthapana・upalaksanaについて」、『印度學佛教學研究』第50巻第2号、2002年、 889-886頁、 doi:10.4259/ibk.50.889
  8. ^ KongkarattanarukPhrapongsak「阿含・Nikayaにおける止観の成立と展開」、『印度學佛教學研究』第57巻第2号、2009年3月20日、 903-900頁。
  9. ^ a b c KongkarattanarukPhrapongsak「説一切有部文献における止観」、『印度學佛教學研究』第59巻第1号、2010年12月20日、 381-378頁。
  10. ^ a b 洪鴻栄「倶舎論における止観」 (pdf) 、『印度學佛教學研究』第51巻第1号、2002年12月20日、 369-372頁、 doi:10.4259/ibk.51.372

関連項目[編集]