縁覚

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

縁覚(えんがく、サンスクリットप्रत्येक बुद्ध pratyekabuddhaパーリ語:पच्चेकबुद्ध paccekabuddha)とは、仏教で修行の段階や修行者の性質を示す仏教用語ジャイナ教の経典にも見られものであり、仏教成立以前からインドで広く用いられていたとみられる。仏教では、古くは縁覚は声聞の範疇であり、声聞縁覚乗・声聞縁覚地などのように表現されたが[1]、声聞と縁覚が明確に分化して用いられるようになった。大乗仏教では声聞とともに小乗二乗と呼んで下に見る。

菩薩兜率天とともに語られることがあるのに対して、縁覚は関係性で語られることが極めて稀なため、古くから様々な解説がなされ、辟支仏(びゃくしぶつ)や独りで覚す独覚(どくかく)などの別称もある。声聞乗を度した者が十二因縁を拾法/もしくは説いて縁覚乗となり、さらに解脱果のあるものもいるとされる[2][3]。また、声聞の如く不定に説く部行獨覺(ぶぎょうどくかく)と、菩薩の如くに説く麟角喩獨覺(りんかくゆどくかく)とに分かつと表現されることがある[4]

天台宗では、仏の世で十二因縁を観じて覚ったものを「縁覚」、無仏(むぶつ)の世で飛花落葉(ひけらくよう)などの外縁を観じて覚ったものを「独覚」と区分している[要出典]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『梵和大辞典』 鈴木学術財団 (山喜房仏書林)。
  2. ^ 大正新脩大蔵経テキストデータベース 『大方等大集經曇無讖譯)』 (T0397_.13.0110a01: ~): 須聲聞乘度者 出四諦法音應之。須縁覺乘度者 出甚深十二因縁法音應之。
  3. ^ 大正新脩大蔵経テキストデータベース 『佛説如來興顯經(竺法護譯)』 (T0291_.10.0604a16: ~): 化縁覺乘 信樂中行 爲衆現説十二因縁之所 或超有解脱果。
  4. ^ 大正新脩大蔵経テキストデータベース 『阿毘達磨大毘婆沙論(五百大阿羅漢造)』 (T1545_.27.0033a10: ~): 問獨覺云何。答麟角喩獨覺如菩薩説。部行獨覺不定如聲聞説。