縁覚

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

縁覚(えんがく、サンスクリットप्रत्येक बुद्ध pratyeka-buddha[1]パーリ語:पच्चेकबुद्ध paccekabuddha)とは、修行の階位や修行者の性質を示す仏教用語で、階位としては菩薩の下、声聞の上とされる[1][2]の教えによらずに独力で十二因縁を悟り、それを他人に説かない聖者(無師独悟)を指す[1][3][4]辟支仏(びゃくしぶつ)と音写し、師なくしてひとりで悟るので独覚(どっかく)ともいう[4][2][註 1]。縁覚と声聞をあわせて二乗という[4]。縁覚と声聞はそれぞれ、仏教における十界の一つにも数えられる[4]

ジャイナ教の経典にも見られる[疑問点 ]藤田宏達は、ジャイナ教文献では patteya-buddha ないし patteka-buddha という語が仏教の辟支仏と類似した意味に用いられていることを指摘し、辟支仏は当時のインドで広く用いられた語であったかもしれないと考察している[6]仏教では、古くは縁覚は声聞の範疇であり、仏典では声聞縁覚乗・声聞縁覚地などのように表現されることがあった[7][要検証 ][註 2]大乗仏教においては、声聞乗と縁覚乗の二乗は小乗の立場を表し、大乗(菩薩乗)よりも劣るとされる[4]。ただし、この三乗すべてが一乗(一仏乗)に帰すことも強調される[4][註 3]

縁覚は、兜率天とともに語られる菩薩のように[9]関係性で解説されることが稀なため様々な解説がなされる。[疑問点 ]音者[註 4]のうち縁覚乗を度す者とは甚深(じんしん)十二因縁から出でることであるとし[註 5]、さらに(或いは)中(道)行を信楽して解脱果を超有するものがいるとされる記述もみられる[註 6]

また、縁覚は独覚とも訳すが[10]、独覚は、声聞の如く不定に説く部行獨覺(ぶぎょうどっかく)と、菩薩の如くに説く麟角喩獨覺(りんかくゆどっかく)とがあると表現されることもある[註 7]倶舎論12では、独覚には部行独覚と麟角喩独覚の2種があるとする[3][出典無効]。部行独覚と麟角喩独覚は説一切有部の論書に説かれるもので[6]、前者は仲間を組んで修行する独覚、後者は伴侶をもたずに独りでいる独覚を麒麟の一本の角に喩えたものである[11]。『スッタニパータ』の「犀の角」(33-75)では、独りで覚る人の生活がサイの角に譬えられ[11]、この詩頌の示すところは部派教典において辟支仏に結びつけられた[6]

天台宗では、仏の世で十二因縁を観じて覚ったものを「縁覚」、無仏(むぶつ)の世で飛花落葉(ひけらくよう)などの外縁を観じて覚ったものを「独覚」と区分している[要出典]

関連項目[編集]

註釈[編集]

  1. ^ 独覚は新訳における漢訳[5]
  2. ^ 例)声聞縁覚乗, 声聞縁覚地 - 大正新脩大蔵経テキストデータベース
  3. ^ 三乗は仏の説いた方便であって実は一仏乗しかないというのは法華経の所説である[8]
  4. ^ ときに菩薩乗地まで含む広義の声聞とみられる。対応する梵語を調べる必要がある。[要検証 ]
  5. ^ 大正新脩大蔵経テキストデータベース 『大方等大集經曇無讖譯)』 (T0397_.13.0110a01: ~): 須如是等音者。盡出應之。須聲聞乘度者 出四諦法音應之。須縁覺乘度者 出甚深十二因縁法音應之。
  6. ^ 大正新脩大蔵経テキストデータベース 『佛説如來興顯經(竺法護譯)』 (T0291_.10.0604a16: ~): 化縁覺乘 信樂中行 爲衆現説十二因縁之所 或超有解脱果。※解脱果を超有するとは菩薩の道へと進むという意味にとれる。
  7. ^ 大正新脩大蔵経テキストデータベース 『阿毘達磨大毘婆沙論(五百大阿羅漢造)』 (T1545_.27.0033a10: ~): 問獨覺云何。答麟角喩獨覺如菩薩説。部行獨覺不定如聲聞説。

出典[編集]

  1. ^ a b c 縁覚 - 学研全訳古語辞典 (weblio古語辞典)。
  2. ^ a b 辟支仏とは - 難読語辞典 Weblio辞書”. Weblio. 2017年5月24日閲覧。
  3. ^ a b 小川宏 「独覚論考」 『印度學佛教學研究』第三十八巻第二號、1990年3月、732頁。
  4. ^ a b c d e f 縁覚(えんがく)とは - コトバンク”. 朝日新聞社. 2017年5月24日閲覧。
  5. ^ 『岩波 仏教辞典 第二版』「縁覚」の項。
  6. ^ a b c 藤田宏達「三乗の成立について: 辟支佛起源考」『印度學佛教學研究』 5 (2)、1957年。
  7. ^ 『梵和大辞典』 鈴木学術財団 (山喜房仏書林)1354頁右列。
  8. ^ 『岩波 仏教辞典 第二版』「三乗」「方便」の項。
  9. ^ 兜率天三省堂 大辞林 (weblio辞書)。
  10. ^ 縁覚 - 創価学会 教学用語検索。
  11. ^ a b 中村元訳『ブッダのことば スッタニパータ』岩波文庫、1984年、253-254頁。