スッタニパータ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
スッタニパータ
Sutta Nipata
訳者 中村元ほか
発行日 1984-05-16
発行元 岩波書店など
ジャンル 聖典
言語 パーリ語
形態 文庫本など
コード ISBN 4-00-333011-0
ISBN 4-00-007007-X
Portal.svg ウィキポータル 仏典
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

スッタニパータ』(: Sutta Nipāta)は、セイロン(スリランカ)に伝えられた、いわゆる南伝仏教パーリ語経典(原始仏典)の小部に収録されたのこと。

「スッタ」(Sutta)はパーリ語で「」の意[注 1]、「ニパータ」(Nipāta)は「集まり」の意、あわせて『経集』の意となり、『南伝大蔵経』のようなパーリ語経典日本語訳の漢訳題名でも、この名が採用されている[1]

文字通り古い経を集めたものであり、その一部に対応する漢訳経典としては『義足経』(大正蔵198)がある[2]。第4章と第5章に対する註釈として、サーリプッタ舎利弗)の作と伝承される同じく小部に収録されている『義釈』がある[3]

構成[編集]

『スッタニパータ』は、以下の全5章から成る。

  • 第1章 - 蛇(Uraga-vagga)
  • 第2章 - 小(Cūḷa-vagga)
  • 第3章 - 大(Mahā-vagga)
  • 第4章 - 八(Aṭṭhaka-vagga)
  • 第5章 - 彼岸道(Pārāyana-vagga)

内容[編集]

ダンマパダ』は初学者が学ぶ入門用テキストであるのに対し、『スッタニパータ』はかなり高度な内容を含んでいるため、必ずしも一般向けではない。

有名な「犀の角のようにただ独り歩め」というフレーズは、ニーチェにも影響を与えた[4]

南方の上座部仏教圏では、この経典のなかに含まれる「慈経」、「宝経」、「勝利の経」などが、日常的に読誦されるお経として、一般にも親しまれている。

現代の事情にそぐわない内容も含まれているが、悩み相談に応用可能な内容も多い[5][6]

2021年、京都大学こころの未来研究センターの熊谷誠慈准教授(仏教学)はスッタニパータをAIに学習させた「ブッダボット」を発表した[6][7][5]

成立[編集]

最初期に編纂された最古の仏典のひとつとされ、対応する漢訳は一部を除いて存在しない(第4章『八つの詩句』/支謙訳:仏説義足経大正蔵198))。現代では日本語訳として『南伝大蔵経』の中におさめられている。ただし、『スッタニパータ』の中にも、新旧の編纂のあとが見られ、パーリ語の文法に対応しないインド東部の方言と推測されるマガダ語とみられる用語が含まれていることから、仏典の中でも最古層に位置づけられている。

また『スッタニパータ』の注釈書として、文献学的に『スッタニパータ』と同時代に成立したと考えられている『ニッデーサ』(義釈)が伝えられている。『スッタニパータ』の第4章と第5章のそれぞれに大義釈と小義釈が存在することから、この部分がもっとも古く、元は独立した経典だったと考えられている。

第4,5章最古層説[編集]

20世紀前半にリス・デイヴィッズ[8]や、Bimala Churn Law[9] は、スッタニパータの中でも4,5章は特に古いと考えた。以下の理由による。

  • 小部内の注釈書義釈(ニッデーサ)はほぼ4,5章のみの注釈である。1-3章はその後にまとめられた可能性がある。
  • 紀元前のパーリ語仏典中に、4章「アッタカヴァッガ」、5章「パーラーヤナ」などという書名の引用はあるが、「スッタニパータ」という書名の引用はない[注 2]

前田惠學は4,5章について、

  • 古代ヴェーダ語の語形が現れることが多い。
  • 使われているヴァッタという韻律は古い。

の点からも4,5章はスッタニパータの中でも最古層であると主張した[11]

この説はその後、1-3章と4,5章に使われる述語の違いなどからも確認され、現在定説となっている[10]。なお4章と5章のどちらが古いかについては定説はない。

日本への伝来[編集]

スッタニパータ全体の漢訳は存在しないため、日本に伝来することもなかった。近代に入り以下の翻訳がある。

書誌情報[編集]

日本語訳[編集]

関連文献[編集]

英訳[編集]

パーリ語原典[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ パーリ語の「スッタ」(sutta)、サンスクリットの「スートラ」(sūtra)、そして漢語の「経」も、全て原義は「縦糸」という意味である。
  2. ^ パーリ語経典の中で「スッタニパータ」という書名の初出は『ミリンダ王の問い』になる。ただしその漢訳である『那先比丘経』には対応する書名はない。つまりパーリ語版内の書名は紀元後に追記されたものと推定される[10]

出典[編集]

  1. ^ WEB南伝大蔵経目録 p.12
  2. ^ 原始仏教聖典資料による釈尊伝の研究 - 中央学術研究所
  3. ^ 『パーリ上座部の経蔵に収載される “声聞の所説”の権威性を巡って』 - 清水俊史
  4. ^ 川鍋征行「ニーチェの仏教理解」『比較思想研究 』第8巻 p.44
  5. ^ a b ブッダで悩みを解決、仏教対話AI「ブッダボット」の開発 -伝統知と人工知能の融合-” (日本語). 京都大学. 2022年7月10日閲覧。
  6. ^ a b 株式会社インプレス (2021年3月29日). “京都大ら、仏教を学習したAIが助言してくれる「ブッダボット」” (日本語). PC Watch. 2022年7月10日閲覧。
  7. ^ 悩みに答えるAIブッダ、幸せのヒントに…京大など開発中:地域ニュース” (日本語). 読売新聞オンライン (2021年8月4日). 2022年7月10日閲覧。
  8. ^ Rhys Davids "Buddhist India" G.P. Putnam's Sons, New York 1903 (中村了昭訳『仏教時代のインド』大東出版社 1984)
  9. ^ B.C.Law "A History of Pali Literature" Trubner, London 1933
  10. ^ a b 並川孝儀 『スッタニパータ 仏教最古の世界』 岩波書店 2008
  11. ^ 前田惠學 『原始仏教聖典の成立史研究』 山喜房仏書林 1964
  12. ^ 旧訳版『ブッダのことば スッタニパータ』初版は1958年
  13. ^ 再編版に『今日を生きるブッダのことば 『スッタニパータ』篇』春秋社、2008年。ISBN 4-393-13365-X

関連項目[編集]

外部リンク[編集]