解脱

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

解脱(げだつ、vimokṣavimukti[1]mokṣamuktivimutti[2]: mokkhavimokkha[要出典])とは、

  1. 仏教においては、煩悩に縛られていることから解放され、迷いのを脱して自由の境地に到達すること[1][2]悟ること[2]。本記事で詳述。
  2. ヒンドゥー教で用いられている究極的な意味合いにおいては、サマーディ(三昧)に入し、サンサーラ(saṃsāra, 輪廻)の迷いの境界から脱することを指す[要出典]
  3. ジャイナ教においてはモークシャといい、という存在にとって至福の状態であり、の呪縛や輪廻からの完全なる解放である[要出典]解脱 (ジャイナ教)を参照。

原語[編集]

「解脱」は、: vimokṣa: vimukti漢訳である[1][2]。 vimokṣa は毘木叉、毘目叉と音写し、 vimukti は毘木底と音写する[1]

mokṣavimukti√mucを語根とする。これは「開放する」「放棄する」などの意味である。全ての束縛から離れることである。このmokṣa(モークシャ)という言葉はけっして仏教のみの術語ではなく、ニルヴァーナ(: nirvāṇa, 涅槃)と共に古くからインドで用いられ、人間の究極の目標や理想を示す言葉として用いられてきた。[要出典]

概説[編集]

もともとは紀元前7世紀前後の古ウパニシャッドで説かれたもので、インド哲学一般に継承されている観念である[2]。解脱はインドにおいて宗教の最高目標とされてきた[2]

仏教における解脱は、本来は涅槃と共に仏教の実践道の究極の境地を表す言葉であったが、後に様々に分類して用いられるようになった(#分類を参照)[1]

解脱を果たしたものを解脱者(: vimukta, : vimutta)と呼ぶことがある[要出典]

分類[編集]

仏教における解脱には、次のような分類がある[1]

  • 有為解脱と無為解脱
  • 性浄解脱と障尽解脱
  • 心解脱と解脱
  • 慧解脱と倶解脱
  • 時解脱と不時解脱

脚注[編集]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f 総合仏教大辞典 1988, pp. 324-325.
  2. ^ a b c d e f 解脱(げだつ)とは - コトバンク”. 朝日新聞社. 2017年11月20日閲覧。

参考文献[編集]

  • 総合仏教大辞典編集委員会(編) 『総合仏教大辞典』上巻、法蔵館、1988年1月

関連項目[編集]