諸法無我

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

諸法無我(しょほうむが;パーリ語:sabbe dhammā anattā、सब्बे धम्मा अनत्ता[1])は、全てのものは因縁によって生じたものであって実体性がないという意味の仏教用語[2]三法印四法印の一つ[2][3]

脚注[編集]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ Dviprasad Morya (2009). Jīvana kā yathārtha aura vartamāna jagata. Kalpaz Publications. p. 89. ISBN 8178357283. 
  2. ^ a b 中村元 『広説佛教語大辞典』中巻、東京書籍、2001年6月、927頁。
  3. ^ 四法印(しほういん)とは - コトバンク”. 朝日新聞社. 2017年9月22日閲覧。

関連項目[編集]