ナーガラージャ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ナーガラージャ(Nāga Raja)は、インドにおける蛇神の諸王である。仏教では八大竜王をはじめ様々な竜神として取り入れられた。難陀(Nanda)、跋難陀(Upananda)、娑伽羅(Sagara)、和修吉(Vaski)、徳叉迦(タクシャカ/Taksaka)、阿那婆達多(Anavatapta)、摩那斯(Manasvin)、優鉢羅(Utpalaka)といった八大竜王は元々ナーガラージャである。

天気を制御する力を持ち、怒ると旱魃に、なだめられるとを降らす。天候に関して責任感も持っているので、自身の感情を抑えたりもする。チベットでは、樹の枝にも棲むとされている吉兆である。

これから有名な様々な八大竜王を含めたナーガラージャを紹介していく。

有名なナーガラージャ達[編集]

  • ムチャリンダナーガラージャは仏陀の上で7日も仏陀の屋根の代わりとなったという。7日後帰依したという。
  • アパラーラナーガラージャ(Apalala)は毒と火を吐くナーガであった。仏陀によって調伏されたという。

基本的にこれらナーガラージャの説話は中国へ仏教とともに伝わりやがて四海竜王を初め様々な竜王となった。中国古来の竜王伝承と習合したのである。

ナーガラージャと八大竜王[編集]

アナンタの上で寝るヴィシュヌとその足をマッサージするラクシュミー

タクシャカ(Taksaka 徳叉迦)は、インド神話に登場するナーガ族の王。カシュヤパ仙とカドゥルーの間に生まれた1000のナーガの1人。ナーガ族の中でも特に狡猾とされる。インドラ神の友人。英雄アルジュナの孫であるパリークシット王を咬み殺した。

物語の詳細はタクシャカにて。「狡猾なタクシャカ」という説話で語られることが多い。

ヴァースキ(Vaski 和修吉)はシェーシャŚeṣa)と同一視される。シェーシャとはインド神話に登場するナーガラージャで、カシュヤパ仙とカドゥルーの間に生まれた1000のナーガの1人。千の頭をもつ巨大な蛇とされ、千の頭の一つ一つに卍の印がついている他、イヤリング、王冠、花冠も身につけている。マナサーという妹をもつ。ヒンドゥー教の宇宙観では、世界には7層の地下世界があるとされるが、シェーシャがいるのはさらにその下で、その千の頭で大地を支えているといわれている。乳海攪拌のときは、マンダラ山を回転させる綱の役割を果たした。しかし、あまりの苦しさに猛毒を吐き出してしまい、危うく世界を滅ぼしかけた。シヴァ神はその毒を飲み込んで世界を救ったが、猛毒がシヴァ神ののどを焼いたため首から上が青黒くなった。シヴァ神の別名ニーラカンタはこれに由来するという。

アナンタ(Ananta)とは、インド神話に登場するナーガラージャの一人。その名は「無限」を意味する。やはり千の頭をもつといわれる。シェーシャと同一視され、したがってヴァースキ(Vaski 和修吉)とも同一である。アナンタはこの世が始まる以前、宇宙が混沌の海だった時に、ヴィシュヌがアナンタを船の替わりにして、その上に寝ていたという。また、この世が終わる時、全ての生物が滅び去った時も、再び世界が創造されるまでの間、ヴィシュヌはアナンタの上で眠り続けるとされる。ヴィシュヌの使いとされる。

インド神話においてこの話は非常に重要であり、宇宙が出来る前にヴィシュヌは竜王アナンタの上に横になっており、ヴィシュヌのへそから、蓮の花が伸びて行きそこに創造神ブラフマーが生まれ、ブラフマーの額から破壊神シヴァが生まれたとされている。

参考文献[編集]

  • 『ドラゴン』(新紀元社)
  • 『世界の龍の話』竹原威滋 他 (三弥井書店) 2002

関連項目[編集]