インドラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
インドラ。アイラーヴァタに乗っている
ミャンマー、タヂャーミン寺院のインドラ(サッカ)。どこか中性的な表情である

インドラ(Indra、: इंद्र、इन्द्र)はバラモン教ヒンドゥー教の名称である。省略しない名称は「サンスクリット語:śakro devānām indraḥ[1]パーリ語Sakko devānaṃ indo[2]」で「強力な神々の中の帝王」を意味する[3]。「シャクラśakra)」や「サッカ(sakka)」とも呼ばれる。

デーヴァ神族に属する雷霆神、天候神、軍神、英雄神である。ディヤウスプリティヴィーの息子。 特に『リグ・ヴェーダ』においては、最も中心的な神であり、ヴァルナヴァーユミトラなどとともにアーディティヤ神群の一柱とされる。また、『ラーマーヤナ』には天空の神として登場する。 漢訳では、因陀羅・釋提桓因・帝釈天・天帝釈・天主帝釈・天帝天皇などと書かれ、特に仏教における帝釈天の名で知られている。

概説[編集]

インドラ神のルーツは古く、インド=イラン共通時代までさかのぼる雷霆神であり、紀元前14世紀にヒッタイトミタンニとの間で結ばれた条文の中に名前があることから、アーリア人の移動とともに小アジアやメソポタミアなどでも信仰されていたであったことが確認されている。雷霆神の性格が強く、ギリシア神話ゼウス北欧神話トールスラヴ神話ペルーンと比較される。 時代を経るとインドではデーヴァ(神々)の王とされ、イラン(ゾロアスター教)ではダエーワ(悪魔)とされた。(後述)

容姿[編集]

茶褐色の皮膚で髪や髭は赤く、一面四臂で全身に千の目を持つ。 アイラーヴァタという聖獣の白象をヴァーハナに持つ。また、7つの頭を持った空を飛ぶ馬ウッチャイヒシュラヴァスもインドラのヴァーハナとされる。

所有物[編集]

2本の腕で弓矢(Indraastra)を持ち、残り2本の腕で工巧神トゥバシュトリの造った雷を象徴する武器「バジュラ(Vajura)」[4]と「ヴィジャヤ(Vijaya)」[5]を持つ。 「マハーバーラタ」では、「ヴァサヴィ・シャクティ(Vasavi Shakti)」という武器をパラシュラーマに与える。

異名[編集]

  • シャクラ(Śakra) - 能力者、強力な者。[6]
  • ヴリトラハン(Vṛtrahan) - 障碍(ヴリトラ)を打ち砕く者[7]
  • デーヴェーンドラ(Devendra) - 神々の帝王[8]
  • デーヴァラージャ(Devarāja) - 神々の王。
  • ヴリシャン(Vṛṣan) - 強力な者。雄馬。雄牛。
  • ヴァジュラパーニ(Vajrapāṇī) - 雷を持つ者。
  • スヴァルガパティ(Svargapati) - 天界の主。
  • パーカシャーサナ(Pākaśāsana) -パーカを調伏する者。

バラモン教の時代[編集]

最初期の神々への讃歌集『リグ・ヴェーダ』においては、全1200編の讃歌の中でインドラに捧げる讃歌が約4分の1と最も多く、配下に暴風神マルト神群を従えて敵を征服する理想的なアーリア戦士として描かれており、3000体以上ともされる神々の中で『主神』の位置づけを与えられていた。 時代を経るに従い、徐々に人気を失ったが、その後の神話世界でも、神々の王である彼の権威は保持されており、神都アマーラヴァティーのナンダナの園で天女たちに囲まれている。御者マータリの操る戦車に乗って出陣する。

茶褐色の天と地を満たすほどの巨躯で、髪や髭は赤く、豪放磊落な性格。千年間母親の胎内に宿っていたが、生まれてすぐに他の神々からの嫉妬を恐れた母に捨てられ、更に父ディヤウスからは敵意を向けられていた。彼は一人旅に出て、ヴィシュヌからの友情を得るまで世界を放浪した。

アスラ神族の王から娘のシャチーを強奪し、陵辱までした後、結ばれた。また、ガウタマ聖仙の妻アハリヤーを誘惑して全身に女性の陰部を貼り付けられるという呪いをガウタマ聖仙から受けた。後にティローッタマーとという絶世の美女を見た時、全身の陰部が全身の千の目に変化して事なきを得た。

神酒ソーマを好み、強大な力を発揮する武器ヴァジュラを持つ。 彼が戦った敵は多く、人々を苦しめる凶暴にして尊大な蛇ヴリトラアヒ[9]トヴァシュトリ神の生み出した3つの頭を持つ怪物ヴィシュヴァルーパや、ヴァラ(洞窟)、ナムチダーナヴァヴィローチャナマハーバリメーガナーダといったアスララークシャサと戦った。 ヴリトラとの戦いは、アーリヤ人と異民族の戦闘、天地開闢神話、川の塞き止めや旱魃・冬の象徴であるヴリトラを打ち破ることで大地に水の恵みをもたらす現象など、様々な意味を持つという。

インドラは、しばしば敵対者に敗北する。例えばアスラ王マハーバリには敗北し、インドラは天界追放の憂き目にあっている。ヴィシュヌヴァーマナ)の力を借りて取り戻すも、またもアスラのマヒシャースラに破れ天界を追放されている。この時は女神ドゥルガーがマヒシャースラを殺したおかげでインドラらは天界に戻った。インドラはラークシャサ族ラーヴァナ王の子メーガナーダにも負け、メーガナーダには「インドラジット」(インドラに打ち勝つものという意味)を名乗られる屈辱まで味わっている。

「ヴリトラハン」の異名を持つもののヴリトラにも当初は敗北し、神々の世界の半分をヴリトラへ分け与えることで一旦は和睦し、その後不意打ちによってに勝利した。

『リグ・ヴェーダ』の影響力が薄れて人気が落ちた後も、『雷を象徴する強力無比な英雄神』としてのイメージを後世まで伝えている。 「マハーバーラタでは、カルナがインドラから「ヴァサヴィ・シャクティ(Vasavi Shakti)[10]」という武器を与えられ、ガトートカチャを斃した。 「ラーマーヤナ」では、主人公ラーマが「インドラの矢」という武器を使用して敵のクンバカルナを討ちとった。 また、太古にインドラがアスラ神族を倒したとされる武器「ヴィジャヤ」によって、ラークシャサ(羅刹)の大軍を一撃で死滅させた[11]

ヒンドゥー教の時代[編集]

リグ・ヴェーダの時代には神々の中心とも言える絶大な人気を誇ったインドラも、時代が下り、ヒンドゥー教が成立した時代になれば影が薄くなる。変わらず重要な立場にある神であることは間違いないが、神々の中心の座はシヴァやヴィシュヌなどに譲ってしまい、代わって世界を守護するローカパーラ(世界守護神)の地位に落ち着いている。

四方にそれぞれ神が配置され、インドラはその中でももっとも重要とされる東方の守護神の地位に位置づけられた。

ゾロアスター教のインドラ[編集]

インドではデーヴァが善でアスラが悪だが、イランではデーヴァに対応するダエーワが悪で、アスラに対応するアフラ・マズダーが善と入れ替わっている。ゆえに、インドのデーヴァと同じ起源の超自然的存在が悪魔として登場しており、インドラも魔王の一人となっている。ゾロアスター教ではインドラは虚偽の悪魔であり、正義と真実の霊アシャ・ワヒシュタと対立する。

「ヴェンディダード」の7大魔王

あるいは

  • ナース(ドゥルジ・ナース)
  • インドラ
  • サウルワ
  • ノーンハスヤ
  • タウルウィー
  • ザイリチャー
  • アンリ・マンユ

その他、アエーシュマ、アカタシュ、ワルニヤ を指す。「ブンダヒシュン」ではアフレマンが、

  • アコマン(アカ・マナフ)
  • アンダル(インドラ)
  • ソウァル(サウルワ)
  • ナカヘド(ノーンハスヤ)
  • タイレウ(タウルウィー)
  • ザイリク(ザイリチャー)

を創造したとしている。オフルマズドのアムシャ・スプンタに神性が対応しており敗れることになっている。ここではインドラは、文字通り帝釈天のインドラ、サウルワはルドラ神の異称シャルヴァ、ノーンハスヤはナーサティヤのことである。悪魔アンダルとはインドラの別名である。

仏教のインドラ[編集]

仏教に取り込まれて、仏教の守護神である天部の一尊である帝釈天となった。帝釈天の名はインドラの梵語名「śakro devānām indraḥ」の「indra」を「」と意訳し、「śakra」を「」と音訳し、後部に「」を加えたもの。梵天と並ぶ仏教の二大護法善神とされる。 武器である「金剛杵」を手に持ち雷を操る。金剛杵は、密教チベット仏教における重要な法具として用いられる。

朝鮮神話のインドラ[編集]

朝鮮神話檀君神話)においては、天神「桓因」と書かれる[12]。これは、「śakro devānām indraḥ」の音写である「釈迦提桓因陀羅」を略して「釋提桓因」、さらに略して「桓因」としたものである。

その他[編集]

インドラの矢[編集]

サンスクリット語で、虹のことをindradhanus(インドラの矢)という。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ シャクロー・デーヴァナーン・インドラハ
  2. ^ サッコー・デーヴァナン・インドー
  3. ^ śakra devānām indraḥ(シャクラ・デーヴァナーン・インドラハ)とする文献も。「devānām」は、男性名詞「devā(男神)」の複数形・属格。indraḥは、indra(王、征服者)の単数形・主格。「śakro(シャクロ―)」は形容詞「śakra(強力な、有能な)」の変化形。インドラの修飾語であるが、固有名詞とする説もある。その場合は「神々の帝王であるシャクラ」となる。
  4. ^ 「雷」または「金剛(ダイヤモンド)」を意味する。
  5. ^ 「勝利」を意味する。シヴァアスラ神族の三都市をシヴァ神が一撃で破壊した際に用いた武器で、後にインドラがアスラと戦う際に用いた。
  6. ^ 本来は、インドラとは異なる神であるシャクラと習合したという説もある。
  7. ^ 「ヴリトラハン」は、イラン神話の「ウルスラグナ」に対応する。「ウルスラグナ」の意味は「ヴリトラハン」と同じで「障碍を打破る者」。イランでは、インドラはダエーワの一員として悪魔の地位に降されたが、称号のみが独立した神格として崇拝された。国土の守護神として特にササン朝での信仰が盛んだった。
  8. ^ deva indra」の連声形
  9. ^ ヴリトラの別名ともいわれるが、「アヒ」は「ヴリトラ」と異なり普通名詞である。アヒは、イランのアジ・ダハーカに対応する言葉であり「蛇」を意味する。
  10. ^ 一度きりしか使えないという制約つきの武器であった。
  11. ^ この武器は、「マハーバーラタ」にも登場し、インドラからパラシュラーマに授けられる。
  12. ^ 『三國遺事』に「昔有桓因謂帝釋也」とある。

参考文献[編集]

  • ヴェロニカ・イオンズ著、酒井傳六訳「インド神話」青土社、1990.
  • マッソン・ウルセル、ルイーズ・モラン著、美田稔訳「インドの神話」みすず書房、1975.

関連項目[編集]