アーシュラマ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アーシュラマ(āsrama)または住期(じゅうき)とは、インドヒンドゥー教社会において、再生族(ドヴィジャ)のヒンドゥー男子に適用される理念的な人生区分のこと。4つの段階を経過することから四住期とも訳される[1]。成立は古代インドのバラモン教にさかのぼる。原義は「疲労」、とくに宗教的な行に由来する疲労のことを意味していたと考えられる[2]

概要[編集]

バラモン教法典においては、バラモン教徒(シュードラを除く上位3ヴァルナ)が生涯のうちに経るべき段階として、以下の4段階が設定されている。

  1. 学生期(梵行期、ブラフマチャルヤbrahmacarya) - 師のもとでヴェーダを学ぶ時期
  2. 家住期ガールハスティアgārhasthya) - 家庭にあって子をもうけ一家の祭式を主宰する時期
  3. 林棲期ヴァーナプラスタvānaprastha) - 森林に隠棲して修行する時期
  4. 遊行期サンニャーサsamnyāsa) - 一定の住所をもたず乞食遊行する時期

この4段階は順次に経過されるべきものとされ、各段階に応じて厳格な義務が定められている。ただし、このアーシュラマの制度が実際的にどこまで忠実に履行されていたかは疑わしいとされる[2]

アーシュラマの概念と4ヴァルナの枠組み(ヴァルナ・ヴィャワスター)とを組み合わせてサンスクリットで「ヴァルナーシュラマ・ダルマ」と呼称することがある[1]

古代インドにおいては、ダルマ(宗教的義務)・アルタ(財産)・カーマ(性愛)が人生の3大目的[3]とされ、この3つを満たしながら家庭生活を営んで子孫をのこすことが理想だとされ、いっぽう、ウパニシャッドの成立以降は瞑想苦行などの実践によって解脱に達することが希求されたところから、両立の困難なこの2つの理想を、人生における時期を設定することによって実現に近づけようとしたものであろうと推定されている[2]

8歳から12歳にかけて、バラモンクシャトリヤヴァイシャの上位3ヴァルナの男子は、そのヴァルナ(階級)の一員になったことを示す聖なる紐をかけられる儀式[4])に参加する。これによって彼らは幼年時代を終え、「学生期」の生活にはいるとされた。しかし、シュードラは「一生族」(エーカジャ)として他の3階級に仕えることが義務づけられており、ヴェーダを学ぶことは禁止されており、アーシュラマの人生区分も設けられていない[5]

転義[編集]

原義は上述の通り「疲労」であるが、転じて現代では、宗教的修行の場所である行者の隠棲所・庵・僧院などの場所を意味する語として用いられることが多い[2]

脚注[編集]

  1. ^ a b 藤井(2007)
  2. ^ a b c d 『南アジアを知る事典』(1992)
  3. ^ それにモークシャ(解脱)が加わることがある。応地(1992)
  4. ^ これを「入門式」と称する。応地(1992)
  5. ^ シュルバーグ(1973)

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 藤井毅 『インド社会とカースト』 山川出版社〈世界史リブレット86〉、2007年12月、ISBN 4-634-34860-8
  • 辛島昇・前田専学・江島惠教ら監修 『南アジアを知る事典』 平凡社、1992年10月、ISBN 4-582-12634-0
  • ルシル・シュルバーグ原著 『ライフ人間世界史18 インド』(Historic India) タイム・ライフ・ブックス(日本語版編集:座右宝刊行会)、1973年。
  • 応地利明 「第3章 社会」辛島昇監修『世界の歴史と文化 インド』 新潮社、1992年11月、ISBN 4-10-601836-5