辛島昇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
辛島 昇
からしま のぼる
文化功労者顕彰に際して公表された肖像写真
人物情報
生誕 (1933-04-24) 1933年4月24日
大日本帝国の旗 日本統治下朝鮮京城
死没 2015年11月26日(2015-11-26)(82歳)
出身校 東京大学文学部東洋史学科
学問
研究分野 歴史学
研究機関 東京大学
学位 博士(文学)
テンプレートを表示

辛島 昇(からしま のぼる、1933年4月24日[1] - 2015年11月26日[2])は、日本歴史学者博士(文学)東京大学)。東京大学名誉教授、大正大学名誉教授。

経歴[編集]

東京生まれ[3]神奈川県立湘南高等学校卒業[要出典]1958年 東京大学文学部東洋史学科卒業[3]。1961年、東京大学大学院人文科学研究科修士課程修了[3]、1964年、同大学院博士課程中退[3]。同年、東京大学文学部助手[3]1967年東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所講師[3]、1971年、同助教授[3]1974年、東京大学文学部助教授、1981年同教授[3]1994年 定年退官、東京大学名誉教授[3]大正大学文学部教授[3]1995年放送大学客員教授2008年、大正大学退職、大正大学名誉教授

1985年、インド刻文学会会長[1]、1989年以降は国際タミル学会会長に推挙された[1]1993年ヴィジャヤナガル王国支配下の南インド社会 -新しい体制の成立へ」で、博士(文学)(東京大学)[3]

2015年、11月26日死去[4]

家族・親族[編集]

漢学者の家系に生まれ、父の辛島驍、母方の祖父塩谷温漢文学者であった。

研究内容・業績[編集]

  • タミル語刻文研究の世界的権威である[5]。また「南アジア地域研究」の第一人者的人物であり、この領域の開拓・発展への貢献も大きい[6]。南インド史や南アジア史の研究者として、アジアを代表する学者と位置づけられる[1]。辛島によって、南インド史は書き換えられたとも評される[1]
  • 南アジア中世史から現代インド社会まで、さらには日本で誤解されがちな「インドのカレー事情」・食文化について記した読み物を手掛けるなど、研究の幅も広い[要出典][7]

受賞・栄典[編集]

著書[編集]

単著[編集]

共著[編集]

編著[編集]

  • 『インド史における村落共同体の研究』(東京大学出版会、1976年)
  • 『インド入門』(東京大学出版会、1977年)
  • 『民族の世界史(7)インド世界の歴史像』(山川出版社、1985年)
  • 『インド』(新潮社、1992年)
  • 『辺境の世紀末――20世紀の意味を解きあかす「辺境」からの物語』(平凡社、2000年)
  • 『世界各国史(7)南アジア史』(山川出版社、2004年)
  • 『世界歴史大系・南アジア史(3)南インド』(山川出版社、2007年)

共編著[編集]

  • 前田専学江島恵教応地利明・小西正捷)『南アジアを知る事典』(平凡社、1992年 / 新訂増補、2002年)
  • 石井米雄和田久徳)『東南アジア世界の歴史的位相』(東京大学出版会、1992年)
  • 濱下武志)『地域の世界史(1)地域史とは何か』(山川出版社、1997年)
  • 高山博)『地域の世界史(2)地域のイメージ』(山川出版社、1997年)
  • (高山博)『地域の世界史(3)地域の成り立ち』(山川出版社、2000年)

訳書[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f 辛島 昇” (日本語). 福岡アジア文化賞. 2022年2月9日閲覧。
  2. ^ 訃報:辛島昇さん82歳=東大名誉教授 毎日新聞 2015年11月26日
  3. ^ a b c d e f g h i j k 辛島昇(経歴)”. 福岡アジア文化賞委員会. 2022年2月9日閲覧。
  4. ^ “辛島昇さん死去”. 朝日新聞デジタル. (2015年11月27日). https://www.asahi.com/articles/DA3S12088359.html 2020年2月12日閲覧。 
  5. ^ a b 辛島昇氏の”History and Society in South India: The Cholas to Vijayanagar”に対する授賞審査要旨”. 日本学士院. 2022年2月9日閲覧。
  6. ^ The Hindu : Opinion / Op-Ed : IATR and the World Classical Tamil Conference
  7. ^ また、「美味しんぼ」にも本人役で登場している。(『インドカレー紀行』を参照[要ページ番号])
  8. ^ 恩賜賞・日本学士院賞・日本学士院エジンバラ公賞授賞一覧 第91回 (平成13年) ~第100回 (平成22年)|日本学士院”. www.japan-acad.go.jp. 2022年2月9日閲覧。
  9. ^ a b 辛島昇東京大学名誉教授が逝去 - 日印協会” (日本語). 公益財団法人 日印協会. 2022年2月9日閲覧。
  10. ^ 南インド史研究の第一人者、辛島昇・東大名誉教授が死去 産経ニュース 2015-11-26