ヴァイシェーシカ学派

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ヴァイシェーシカ学派(-がくは)はダルシャナ(インド哲学)の学派。シャド・ダルシャナ(六派哲学)の1つ。カナーダが書いたとされる『ヴァイシェーシカ・スートラ』を根本経典とする。一種の自然哲学と見なされることもある。

『ヴァイシェーシカ・スートラ』では、全存在を6種のカテゴリーから説明する。言葉は実在に対応しており、カテゴリーは思惟の形式ではなく客観的なものであるとする。 カテゴリーは実体・属性・運動・特殊・普遍・内属の6種である。

6種のカテゴリー[編集]

実体[編集]

実体は以下のように分けられる。

属性[編集]

属性は以下のように分けられる。

    • 芳香
    • 悪臭
  • 可触性
    • 非冷非熱
  • 別異性
  • 結合
  • 分離
  • 彼方此方
  • 知識作用
  • 快感
  • 不快感
  • 欲求
  • 嫌悪
  • 意志的努力

運動[編集]

運動は以下のように分けられる。

  • 上昇
  • 下降
  • 収縮
  • 伸張
  • 進行

普遍・特殊・内属[編集]

普遍
同類の観念を生む原因である。黒い牛も白い牛も同じ牛であると分かるのは普遍としての「牛性」を牛が持っているからである。
特殊
あるものを別のものから区別する観念の原因である。牛が牛であって馬でないと分かるのは特殊としての「牛性」を牛が持っているからである。
内属
不可分でありながら別個の実在となっているもの同士の関係である。糸と布は内属の関係にある。