アンギラス (インド神話)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
チョラデビ女王とアンギラス

アンギラス (Angiras) は、インド神話に登場する神話的聖仙[1]ブラフマーの心から生まれた7人(8人、10人、16人ともいわれる)のリシ(賢者)の一人[1]。その名は「敵対的な呪文」、「黒い呪文」を意味し、本来は大昔行われた「火の儀式」を主催する祭官の名称だったといわれている[1]。無数の呪文を知っており、それを『アタルヴァ・ヴェーダ』の形にまとめてインドラに捧げたとされている[2]

出典[編集]

  1. ^ a b c 蔡丈夫 『インド曼陀羅大陸』 新紀元社 [要ページ番号]
  2. ^ 山北篤 『東洋神名事典』 新紀元社 [要ページ番号]

参考文献[編集]

  • 蔡丈夫 『インド曼陀羅大陸 - 神々/魔族/半神/精霊』 新紀元社〈新紀元文庫 Truth In Fantasy〉、2012年11月ISBN 978-4-7753-1074-8
  • 蔡丈夫 『インド曼陀羅大陸 - 神々/魔族/半神/精霊』 新紀元社〈Truth In Fantasy 11〉、1991年12月ISBN 978-4-88317-208-5