ドリシュタデュムナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
パーンダヴァ軍の司令官としてのドリシュタデュムナ

ドリシュタデュムナSanskrit: धृष्टद्युम्न、dhṛṣṭadyumna、大胆な、あるいは堂々としたという意味)は叙事詩マハーバーラタの登場人物である。ドルパダの息子でドラウパディーシカンディンの兄。ドラウパダ(Draupada)としても知られる。クルクシェートラの戦いではパーンダヴァ軍の司令官を務めた。ドローナが瞑想しているときに、ドリシュタデュムナはクル族の王子たちの師である彼を殺した[1]。ドローナの息子アシュヴァッターマンは戦争18日目の夜にドリシュタデュムナを殺した。

参考文献[編集]

[ヘルプ]