クルクシェートラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
クルクシェートラ
कुरुक्षेत्र
都市
クリシュナとアルジュナの戦車像、クルクシェートラ。
クリシュナアルジュナの戦車像、クルクシェートラ。
クルクシェートラの位置(ハリヤーナー州内)
クルクシェートラ
クルクシェートラ
クルクシェートラの位置(インド内)
クルクシェートラ
クルクシェートラ
座標: 北緯29度57分57秒 東経76度50分13秒 / 北緯29.965717度 東経76.837006度 / 29.965717; 76.837006座標: 北緯29度57分57秒 東経76度50分13秒 / 北緯29.965717度 東経76.837006度 / 29.965717; 76.837006
インド
ハリヤーナー州
クルクシェートラ県英語版
面積
 - 計 1,530km2 (590sq mi)
人口
 - 計 964,655
 - 密度 630/km2 (1,600/sq mi)
言語
 - 公用語 ヒンディー語パンジャーブ語
 - リージョナル ハリヤーンウィー語
等時帯 ISTUTC+5:30
PIN英語版 136118
テレホンコード 911744
ナンバープレート HR 07X XXXX
ウェブサイト kurukshetra.nic.in
[1]

クルクシェートラ(ヒンディー語: कुरुक्षेत्र Kurukshetra.ogg 発音[ヘルプ/ファイル])はインドハリヤーナー州都市、またはこの付近一帯を指す地域の名前である。「聖なる地」を意味する「ダルマクシェートラ」としても知られる。プラーナ文献にはバラタ族のクル王がクルクシェートラという名前の由来となっていることが語られている。クル王はインドの叙事詩マハーバーラタで語られるカウラヴァパーンダヴァ先祖にあたる。この叙事詩で語られるカウラヴァとパーンダヴァの戦いが行われた場所がクルクシェートラであり、アルジュナの抱える葛藤を観取したクリシュナバガヴァッド・ギーターを説いた地でもある。ゆえにヒンドゥー教徒にとってクルクシェートラは重要な意味を持っている[1]

神話に語られるクルクシェートラは都市ではなく地域であり、歴史的にはテインザー英語版がこの地域の中心都市であった。クルクシェートラという都市は比較的新しい街なので注意が必要である。

概要[編集]

1947年にクルクシェートラに難民キャンプができるより以前はテインザー英語版がこの地域の中心地であった。1950年代のインド独立の動きの中でクルクシェートラは人を集めるようになりテインザーの街を飲み込んでしまった[2][3]。そのためテインザーもクルクシェートラの一部であると勘違いされる傾向がある。

「テインザー(Thanesar)」は「神の地(Sthaneshwar)」を語源に持っている。シヴァ神を祀るテインザー・マハーデーヴ寺院英語版はこの付近では最も古いヒンドゥー寺院であると信じられている。このヒンドゥー寺院はクリシュナとパーンダヴァの兄弟達が武運を祈った場所ともいわれている[4]

地元に伝わる伝承はテインザーの近くを神話に語られるクルクシェートラであると同定している。クルクシェートラの近くにはアミン英語版という村があり、そこには砦の跡が残っている。この砦はアビマニユ英語版のものだと信じられている。

2012年、クルクシェートラの持つ宗教的意義から行政は食肉の販売、所持、消費を禁止した[5]

神話の中、歴史の中のクルクシェートラ[編集]

マハーバーラタの写本。クルクシェートラの戦いが描かれている。

プラーナ文献ではクルクシェートラという名前がバラタ朝のクル族の王に由来することが語られている。また、ほぼ全てのプラーナ文献で「クルクシェートラ」は都市ではなく地方として言及されている。その範囲はおおよそハリヤーナー州の中部、西部からパンジャーブ州の南部にまたがる。アーラニヤカによればクルクシェートラはパンジャブ州シラインド英語版、トゥルギナ(Turghna)の南で、メーワートカンダヴァの森英語版の北、 タール砂漠の東、パリンの西に位置する[6]

クル王がこの地を訪れたときにはウッタルヴェディと呼ばれており、ウッタルヴェディの時代には様々な帝国がかわるがわるこの地を支配していた。この地は時期によって、ウッタルヴェディ、ブラフマヴェディ、ダルマクシェートラ、クルクシェートラと呼び名が変わっている。クル王がこの地を訪れたとき、最初に首都を置いたのはアッサンド英語版であり[7][8]、現在のクルクシェートラの街よりずいぶん南になる。その後インドラプラスタ英語版(現デリー)、ハスティナプール英語版と首都を移している[9]。後にクルの一族を二分するマハーバーラタの戦いがクルクシェートラの地で繰り広げられる。その戦いの中でクリシュナバガヴァッド・ギーターアルジュナに説いた。

アルジュナ像、アルジュナ・チョーク。

ヴァーマナ・プラーナではクル王がこの地に身を落ち着けることになった経緯が語られている。この文献によればクル王はサラスヴァティー河畔に8つの美徳が深く根づいていることに気が付き、それを理由にこの地を本拠地に選んでいる。8つの美徳とは、厳格さ(タパス)、真理(サティヤ)、寛容さ(kshama)、やさしさ(ダヤ英語版)、純潔(suchee)、慈悲(daan)、帰依(ヤジナ英語版)、「ブラフマンに従っている様」(ブラーマチャールヤ英語版)である。ヴィシュヌ神はクル王の慧眼に甚く感激し彼を祝福し、2つのことを約束をした。すなわちこの地をクルの名で知られる聖なる地とすること、そしてこの地で命を落としたものをすべて天国へ送ることの2つである。文献で語られるクルクシェートラはサラスヴァティー川とドリシャドヴァティ川英語版の間に存在していたとされるが、現在これらの川は存在していない[10]

アショーカ王の時代にはこの地に世界中から人を集めて学ばせていたことが考古学的に証明されている。その後ハルシャ・ヴァルダナの時代にクルクシェートラは最盛期を迎える。中国の僧、玄奘三蔵がテインザーの街を訪れたのがこの時期である[11]。現在のテインザーの街はハルシャカティラ(Harsh ka Tila、ハルシャの丘)と呼ばれる小高くなった位置に拡がっており、この丘にはハルシャ・ヴァルダナ時代の遺跡が残る[12][13]

参考文献[編集]

  1. ^ History of Kurukhsetra(2012年3月11日時点のアーカイブ
  2. ^ James G. Lochtefeld (2002). The Illustrated Encyclopedia of Hinduism: N-Z. The Rosen Publishing Group. pp. 694–. ISBN 978-0-8239-3180-4. https://books.google.com/books?id=g6FsB3psOTIC&pg=PA694. 
  3. ^ Sthanvishvara (historical region, India)”. Encyclopedia Britannica. 2014年8月9日閲覧。
  4. ^ Dev Prasad (2010). Krishna: A Journey through the Lands & Legends of Krishna. Jaico Publishing House. pp. 216–. ISBN 978-81-8495-170-7. https://books.google.com/books?id=o0_5caqiUH0C&pg=PT216. 
  5. ^ Haryana bans meat in holy towns of Kurukshetra, Pehowa”. The Indian Express. 2013年3月31日閲覧。
  6. ^ Agarwal, Vishal: Is There Vedic Evidence for the Indo-Aryan Immigration to India? (PDF)
  7. ^ (英語) Prāci-jyotī: Digest of Indological Studies. Kurukshetra University.. (1967-01-01). https://books.google.com/books?id=AL45AQAAIAAJ. 
  8. ^ Dalal, Roshen (2010-01-01) (英語). Hinduism: An Alphabetical Guide. Penguin Books India. ISBN 9780143414216. https://books.google.com/books?id=DH0vmD8ghdMC. 
  9. ^ Witzel 1995.
  10. ^ The Lost River, by Michel Danino. Penguin India 2010
  11. ^ International Dictionary of Historic Places: Asia and Oceania by Trudy Ring, Robert M. Salkin, Sharon La Boda p.507
  12. ^ Sheikh Chilli’s Tomb, Thanesar”. Archaeological Survey of India. 2014年8月9日閲覧。
  13. ^ Harsh Ka Tila”. Kurukshetra district website. 2014年8月8日閲覧。

外部リンク[編集]