ドゥフシャーサナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ドラウパディーがサイコロゲームに招かれる場面
ワヤン・クリ(影絵芝居)のドゥフシャーサナ

ドゥフシャーサナまたはドゥッシャーサナ: Duḥśāsana, デーヴァナーガリー : दुःशासन)は、インド叙事詩マハーバーラタ』の登場人物。

盲目の王ドリタラーシュトラ英語版とその妃ガーンダーリー英語版の間に生まれた、カウラヴァの100人兄弟の次男で、ドゥルヨーダナの弟である。 ドゥフシャーサナは兄のドゥルヨーダナを生涯慕い、そのドゥルヨーダナがパーンダヴァ兄弟に対して行った数々の策略に深く関わった。

ドラウパディーの衣剥ぎ[編集]

ドゥルヨーダナ一派は、兼ねてより、従兄弟のパーンダヴァ兄弟を敵視していた。 そこで彼らは、パーンダヴァ兄弟をサイコロ賭博に誘い、ユディシュティラが賭けた財産、王国、その兄弟や妻のドラウパディーを詐術によって全て奪った。

賭博において、ドラウパディーが勝ち取られるという前代未聞の出来事において、その場は騒然となった。 ヴィドゥラ英語版をはじめとするクル家の家臣らの批判も聞かず、ドゥルヨーダナはドゥフシャーサナに、その場にドラウパディーを連れてくるように命じた。[1] ドゥルヨーダナの命令を聞くと、ドゥフシャーサナは力尽くで髪を掴みながら、ドラウパディーを引き摺り連れて来た。

そういった彼らの暴挙を、カウラヴァ兄弟の一人ヴィカルナは非難したが、ドゥルヨーダナの盟友カルナはそのヴィカルナの発言に怒り狂い、 既に勝ち取られたパーンダヴァ達は奴隷であるも同然だとして、ドゥフシャーサナに「パーンダヴァとドラウパディーの着物をはぎとれ」と命じた。[2] ドゥフシャーサナはドラウパディーの衣に手をかけたものの、不思議なことに、その衣は引っ張られる度に新しい衣が現れて、決して脱がされることはなかったのだった。

しかし、このことに、ドラウパディーの夫の一人であるパーンダヴァの次男ビーマは怒り、「私はドゥフシャーサナの胸を裂いて、その血を飲むだろう」と誓いを立てた。

クルクシェートラ戦争での最期[編集]

クルクシェートラ戦争英語版第16日目において、ドゥフシャーサナはビーマに矢の雨を浴びせていた。

ビーマはドゥフシャーサナを目にすると、かつてドラウパディーが受けた屈辱を思い出してはらわたが煮えくり返り、 彼に飛び掛かって、彼の四肢をへし折ってその胸を引き裂き、傷口から滴る血を飲み干してしまった。 こうしてドゥフシャーサナは倒れ、ビーマはかつての誓いを完遂することとなった。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 上村勝彦訳『原典訳 マハーバーラタ2』ちくま学芸文庫、2002年発行(404ページ)
  2. ^ 同書、(411ページ)