ウルーピー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウルーピーとアルジュナ。
ウルーピーとアルジュナ。

ウルーピーUlūpī)は、インド叙事詩マハーバーラタ』に登場するナーガ族の女性(ナーギニー)。ナーガ王アイラーヴァタの家系に属するカウラヴィヤ王の王女[1]アルジュナとの間にイラーヴァットを生んだとされる[2]

物語[編集]

ウルーピーはアルジュナが12年間追放されていたとき、アルジュナに恋をした。そこでアルジュナが火の供儀のためにガンジス川沐浴し、陸に上がろうとしたとき、彼を水中に引き入れた。そして父カウラヴィヤの宮殿に連れて行った。アルジュナはそこに聖火があったので火の儀式を完遂した。その後ウルーピーはアルジュナに自分の思いを伝え、情交を求めた。最初アルジュナは拒否したが、ウルーピーは望みが叶えられないならば死ぬと言ったため、その夜を宮殿で過ごし、翌朝陸に戻った[3]

なお『マハーバーラタ』6巻によると、ウルーピーがアルジュナに出会ったとき彼女の夫はガルダに殺されていて、アルジュナに恋をした彼女をアイラーヴァタ王がアルジュナに託したという話である[4]。しかし息子のイラーヴァットはクル・クシェートラの戦いにおいてパーンダヴァ側で戦い、戦死した[5]

戦後、アルジュナがチトラーンガダーの息子バブルヴァーハナを訪れ、息子のへりくだった態度に不満な様子を見せたとき、ウルーピーはバブルヴァーハナにクシャトリヤの生き方を説き、父と戦うようにけしかけた。彼の矢が老いたアルジュナを殺すと、魔法の薬を与えてアルジュナを蘇生させた[6][注釈 1]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 池田運訳『マハバーラト iv』p.575 では、蘇生に使われたのは摩尼宝珠となっている。

脚注[編集]

  1. ^ 『マハーバーラタ』1巻206・18。
  2. ^ 『マハーバーラタ』6巻86・6。
  3. ^ 『マハーバーラタ』1巻206・11~34。
  4. ^ 『マハーバーラタ』6巻86・7~8。
  5. ^ 『マハーバーラタ』6巻86・5~71。
  6. ^ 菅沼晃『インド神話伝説辞典』p.258。

参考文献[編集]