ヴィヤーサ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ヴィヤーサがガネーシャに物語を語る石彫(アンコールワット

ヴィヤーサ(梵:व्यास、IAST:Vyāsa)は、インド神話の伝説的なリシ(聖仙)。「編者」の意。パラーシャラ仙サティヤヴァティーの子。クル王ヴィチトラヴィーリヤの2人の寡婦のうちアムビカー英語版との間にドリタラーシュトラ英語版アムバーリカー英語版との間にパーンドゥを、またアムビカーの侍女との間に賢者ヴィドゥラをもうけた。

ヴィヤーサ
Vyasa.jpg
椅子に座るヴィヤーサ
個人情報
生誕
クリシュナ・ドヴァイパーヤナ
宗教 ヒンドゥー教
配偶者 ヴァティカー[注釈 1]
子供
両親
主な著作
著名な点 四ヴェーダの編成者、マハーバーラタの登場人物
宗教的経歴
栄誉 グル・プルニマ祭(ヴィヤーサ・プルニマ)

ヴィヤーサの本名ドヴァイパーヤナ(島で生まれた者)とは、サティヤヴァティーがヤムナー川の中にある島で彼を生んだことから名づけられた。叙事詩マハーバーラタ』の著者とされ、またヴェーダプラーナの編者ともいわれる。『バーガヴァタ・プラーナ』ではヴィシュヌ神の化身(アヴァターラ)の1つに数えられている。

ヴィヤーサは、一つのヴェーダを四つに配分(ヴィヤス)したためヴィヤーサと呼ばれる[3]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ Dalal, Roshen (2019-01-06) (英語). The 108 Upanishads: An Introduction. Penguin Random House India Private Limited. ISBN 978-93-5305-377-2. https://books.google.com/books?id=trh9DwAAQBAJ&q=vatika&pg=PT170 
  2. ^ Pattanaik, Devdutt (2000-09-01) (英語). The Goddess in India: The Five Faces of the Eternal Feminine. Simon and Schuster. ISBN 978-1-59477-537-6. https://books.google.com/books?id=IVsoDwAAQBAJ&q=vatik%C4%81+jabali&pg=PT59 
  3. ^ 上村勝彦訳(2002)「バラタ族の離間」『原典訳 マハーバーラタ 第1巻』241頁。

注釈

  1. ^ マハーバーラタでヴィヤーサの妻に関する記録はないが、スカンダ・プラーナを含む他の文献では賢人ジャバリの娘ヴァティカーもしくはピンジャラーとされる[1][2]

参考文献[編集]

訳書[編集]

  • 『マハーバーラタ』 山際素男編訳、三一書房(全9巻)、1991-98年(英訳版からの重訳)
  • 『原典訳 マハーバーラタ』 上村勝彦訳、筑摩書房ちくま学芸文庫 (1-8)]、2002-05年
     逐語的な原典完訳、一般読書人にも評価が高かったが、8巻目の中途(全11巻予定)で訳者急逝により未完。