シャクンタラー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ドゥフシャンタ王を見るために振り向くシャクンタラー
ドゥフシャンタ王とシャクンタラー
シャクンタラーの嘆き

シャクンタラーशकुन्‍तला, Śakuntalā)は、 インド叙事詩マハーバーラタ[1]に登場する女性で、『マハーバーラタ』に登場する主要人物たちの祖先。 天女(アプサラス)のメーナカーと、クシャトリヤ出身の大聖ヴィシュヴァーミトラとの間に生まれたが、メーナカーは幼いシャクンタラーを川岸に捨て、天界に帰ってしまった。捨てられた幼児を鳥たちが囲って守っていたところにカンヴァ仙が来て、彼女を連れ帰り養女とした。彼女は鳥(シャクンタ)に守られて(ラーヤテー)いたので、シャクンタラーと名付けられた。『マハーバーラタ』には、彼女とドゥフシャンタ王英語版ヒンディー語: दुष्यन्त)との数奇な恋物語が描かれる。

マハーバーラタの挿話[編集]

あらすじ[編集]

ある時、パウラヴァ家(プール族)のドゥフシャンタ王は、森で狩りに熱中しているうちに、カンヴァ仙の庵に迷い込んだ。王は部下たちを残して一人で庵を訪ねたところ、仙者は不在だったが庵からシュリーのように美しい娘が現れた。王は彼女に尋ねて言った。「あなたは誰の娘なのか。私の心は奪われてしまった。あなたのことを知りたく思う。」 シャクンタラーが自己の出生の秘密を語ると、ドゥフシャンタ王は彼女がクシャトリヤ[2]であることを知って、ガンダルヴァ婚(結婚の儀式を経ないで性的関係によって成立する結婚)の作法によって求婚した。シャクンタラーが、生れた子を太子にするという条件を出すと、王は承諾して二人は結ばれた。 その後、王は「あなたのために軍隊を派遣して、あなたを王宮に連れて行こう。」と約束して王都に帰った。

王が旅立ってほどなくして、カンヴァ仙が庵に戻った。シャクンタラーは恥ずかしくて養父に近寄れなかったが、仙者は神通力によって二人が結ばれたことを知ると、喜んで言った。「お前は今日、私に無断で男と交わったが、それは法(ダルマ)に背くものではない。クシャトリヤにとってガンダルヴァ婚は最上といわれている。ドゥフシャンタ王は立派な王だ。お前には世にも優れた息子が生まれ、その子は全世界を征服するであろう。」 そしてシャクンタラーの願いを受け、パウラヴァ家が決して衰えることのないようにと恩寵を授けた。 やがて彼女は息子を生み、その子は6歳になると獅子や水牛や象と遊び戯れたので、隠者たちは彼をサルヴァダマナ[3]と呼んだ。 カンヴァ仙は、その子の超人的な行為を見て「彼が太子となる時が来た。」と告げ、弟子たちにシャクンタラーとその息子を都に送り届けるよう命じた。

シャクンタラーは王にまみえると言った。「これはあなたの息子です。彼を太子の地位につけてください。約束を果たしてください。」 王はすぐに思い出したが、わざと「余は覚えていない。邪悪な女よ。お前と関係を持った覚えはない。だが、去ろうと留まろうと好きにするが良い。」と言った。 これを聞いたシャクンタラーは、恥ずかしくてたまらなくなり、怒りで昂ぶる気持ちを抑えて言った。「大王様、あなたはご存じのはずなのに、なぜ知らないと言われるのですか。あなたは狩りをしていて私に近づいた。私は最も美しい天女メーナカーと偉大なヴィシュヴァーミトラ仙との娘です。幼いとき母に捨てられ、今またあなたに捨てられるとは、私が前世でどんな悪行をしたというのか。あなたが私を捨てることはかまいませんが、ご自身が生ませたこの子を捨てることはよろしくありません。」 王は言った。「女というものは嘘つきだ。娼婦のようなお前がどうしてメーナカーとヴィシュヴァーミトラの娘だというのだ。邪悪な女よ、行ってしまえ。それにお前の息子は大きすぎる。どうしてわずかな間にこんなに成長したのか。余はお前を知らぬ。」 シャクンタラーは言った。「あなたが虚偽に執着し、ご自身を偽るのならしかたありません。あなたのようなかたとは一緒になりたくありません。あなたなしでも、私の息子は世界を征服するでしょう。」

その時、空から声が聞こえて王に告げた。「ドゥフシャンタよ、息子を抱け。シャクンタラーを侮辱してはならぬ。シャクンタラーは真実を語った。この子を抱いて、バラタと名付けよ。」 王は天の声を聞くと喜んで、周囲の者に言った。「実は、余は彼が息子であることを知っていたのだ。しかし彼女の言葉だけで彼を息子として受け入れれば、人々の間に疑惑が生じただろう。」 王は喜んで神によって証明された息子を受け入れ、シャクンタラーを法にのっとって妻としてもてなし、彼女を慰めて言った。「あなたとは人の見ていないところで結ばれた。だから余は躊躇していたのだ。あなたが余に乱暴な言葉を言ったことは気にしていない。」 それから王は、息子をバラタと命名して太子の位に就けた。やがてバラタは、全世界を征服する理想的な帝王となった。バラタの子孫が『マハーバーラタ』に語られるバラタ族(バーラタ)である。

カーリダーサの戯曲[編集]

マハーバーラタの挿話において、ドゥフシャンタ王は、シャクンタラーを拒絶した理由として「彼女の言葉だけで彼女と息子を受け入れれば人々の間に疑惑が生じる」と弁明しているが、不条理で説得力に欠ける。また、唐突にあらわれた天の神の一声で、王の態度が急変して、物語が強引に収束してしまう[4]

グプタ朝時代の詩人カーリダーサは、この点が不満だったようで、新たに「思い出の指輪」と「仙人の呪い」のモチーフを導入して因果関係を作り出すことで、王の言動に必然性を持たせ、叙情的で美しい7の戯曲『アビジュニャーナ=シャークンタラ』(अभिज्ञानशाकुन्तल Abhijñānaśākuntala 「指輪によって思い出されたシャクンタラー」)[5]に改作した。 この作品は、公用語とされはじめた時代のサンスクリット語で書かれており、サンスクリット語文学の代表作である。ヨーロッパに広く知られるようになったのは1789年、ウィリアム・ジョーンズの英訳がきっかけである。2年後にその独訳が出版されると、これが大変な反響を呼び、ゲーテにも影響を与えた。

あらすじ[編集]

あるとき、プール家の血を引くドゥフシャンタ王は、鹿狩りの最中にカンヴァ仙の苦行林に迷い込み、そこでカンヴァ仙の養女であるシャクンタラーに出会い、一目惚れしてしまう。シャクンタラーに魅せられた王は、彼女に恋心を打ち明けることもできず、王宮に帰る気にもなれず、苦行林の近くに住み着いてしまう。

王宮に帰らずに、苦行林で悪魔退治などをしていた王は、シャクンタラーが病に伏せていることを知る。彼女の病の原因が自身に対する恋わずらいであることを知った王は、彼女の前に姿を見せる。そこで相思相愛であることを知った二人はついに結ばれる。 そして王は「想い出」のしるしとして自分の指輪を彼女に贈り、王宮に帰る。

シャクンタラーは、王のことを思い続けてぼんやりしていたため、訪ねてきた聖賢ドゥルヴァーサス英語版仙に気がつかず、礼を失してしまう。怒ったドゥルヴァーサスは「お前が私に無礼をはたらいたのは恋をしているからだ。お前が想っている相手がお前のことを想い出せないようにしてやる。」と言って彼女に呪いをかけたため、ドゥフシャンタ王はシャクンタラーのことを忘れてしまう。しかし彼女の友人たちのとりなしで、聖賢はこの呪いに制約をつけ、「相手が想い出のしるしを見るときに呪いが解ける」と予言した。

その後戻ってきた養父カンヴァ仙は、シャクンタラーがドゥフシャンタ王と結ばれ子を宿したことを知り、この良縁を喜ぶ。王からの出迎えが無いので、カンヴァ仙はシャクンタラーを送り出して王宮に向かわせるが、彼女は道中の泉で沐浴をした際に指輪を失ってしまう。シャクンタラーは王宮で王と再会するが、呪いのため王は彼女を思い出すことができず、妻として認めなかった。悲嘆にくれたシャクンタラーが王のもとを立ち去ると、天界から天女の姿をした光明があらわれ、彼女を天界へ連れ去ってしまう。

数年後、漁師が泉で獲った鯉の腹の中から指輪が発見され、その指輪に王の名が刻まれていたことから王のもとに届けられた。王が指輪を見ると呪いが解けて記憶を取り戻し、シャクンタラーとの別離を嘆いた。 その後、インドラ神に悪魔征服の援助を要請された王はこれに応じ、神が用意した車に乗って天界に出陣する。悪魔退治の帰途、王は天界のマーリーチャ仙の庵で、ある子供と出会う。それがわが子バラタであることに気づいた王は、シャクンタラーとも再会する。そこで王が彼女を忘れたのは呪いのせいであることが明らかになり、全ての誤解が解けて大団円となる。

シャクンタラーをテーマにした音楽作品[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『マハーバーラタ』と同時期に成立した文学作品として『ラーマーヤナ』がある。
  2. ^ 実父がクシャトリヤであるため。
  3. ^ 「一切を服従させる者」の意。
  4. ^ デウス・エクス・マキナ
  5. ^ 邦題『シャクンタラー』(辻直四郎訳)刀江書院,1956年。『シャクンタラー姫』(辻直四郎改訳)岩波文庫、初版1977年 ISBN 978-4003206416