バカ (インド神話)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ビーマに倒されるバカ。
バカと戦うクリシュナ。

バカ: बक, Baka)あるいはバカースラ: बकासुर, Bakāsura)は、インド神話に登場する悪魔である。主にビーマと戦ったラークシャサクリシュナと戦ったアスラの2人が知られている。以下に説明する。

ラークシャサ[編集]

叙事詩マハーバーラタ』に登場するラークシャサで、キルミーラ[1]アラーユダと兄弟[2][3]。現在はバングラデシュに位置するエーカチャクラー英語版国の支配者で、国土を外敵やブータ(鬼霊)などから守っていた。しかし、その見返りとして人々に荷車1台分の穀物と、1頭の水牛と、それらを運ぶ1人の人身御供を定期的に要求した。

パーンダヴァクンティーカウラヴァの罠から逃れ、エーカチャクラーのとあるバラモンのもとに隠れ住んでいたとき、たまたまバラモンに人身御供の順番が回ってきて、家族ともども嘆いていた[4]。理由を知ったクンティーは、ビーマに命じて彼らを助けるように言った[5]。そこでビーマは身代わりとして食料を運び、バカの名を叫びながらそれを食らった。現れたバカはビーマの行状を見て怒り、攻撃したが、ビーマは意に介さずに食べ続けた。そして食べ終わった後、格闘の末にバカを殺した[6]。ビーマはバカの残された家族に、二度と人間を殺さないように約束させた。こうしてエーカチャクラーのラークシャサは人間に親しい存在になったという[7]

アスラ[編集]

クリシュナ伝説に登場するアスラ。『バーガヴァタ・プラーナ英語版』によるとマトゥラーの悪王カンサに仕えた悪魔の1人で[8]、巨大なバカと呼ばれる鳥(アオサギの一種[9])の姿をしていた。

あるとき、幼いクリシュナと牛飼の子供たちが水辺にやって来ると、巨大なバカの姿に変身したアスラと遭遇した。バカは子供たちに近づいてくると、クリシュナをくちばしでくわえて呑み込んだ。しかしバカは喉を焼かれたため、すぐにクリシュナを吐き出した。怒ったバカは突進し、くちばしで串刺しにしようとしたが、クリシュナはくちばしをつかんで2つに引き裂いた[10]

出典[編集]

  1. ^ 『マハーバーラタ』3巻(森林の巻)12章30-31。
  2. ^ 『マハーバーラタ』7巻(ドローナの巻)151章1-3。
  3. ^ 『インド神話伝説辞典』p.35。
  4. ^ 『マハーバーラタ』1巻(最初の巻)145章-148章。
  5. ^ 『マハーバーラタ』1巻(最初の巻)149章。
  6. ^ 『マハーバーラタ』1巻(最初の巻)151章。
  7. ^ 『マハーバーラタ』1巻(最初の巻)152章。
  8. ^ 『バーガヴァタ・プラーナ』10巻2章1-2。
  9. ^ 上村勝彦『インド神話』p.308。
  10. ^ 『バーガヴァタ・プラーナ』10巻11章46-51。

参考文献[編集]

  • 『原典訳 マハーバーラタ2』上村勝彦訳、ちくま学芸文庫、2002年。ISBN 978-4480086020
  • 『原典訳 マハーバーラタ3』上村勝彦訳、ちくま学芸文庫、2002年。ISBN 978-4480086037
  • 『原典訳 マハーバーラタ7』上村勝彦訳、ちくま学芸文庫、2003年。ISBN 978-4480086075
  • 『バーガヴァタ・プラーナ 全訳 下 クリシュナ神の物語』美莉亜訳、星雲社・ブイツーソリューション、2009年。ISBN 978-4434131431
  • 『インド神話 マハーバーラタの神々』上村勝彦訳、ちくま学芸文庫、2003年。ISBN 978-4480087300
  • 『インド神話伝説辞典』菅沼晃編、東京堂出版、1985年。ISBN 978-4490101911

関連項目[編集]