バカ (インド神話)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ビーマに倒されるバカ

バカ:Baka)あるいはバカースラ(Bakāsura, デーヴァナーガリー表記:बकासुर)は、インド叙事詩マハーバーラタ』に登場するラークシャサあるいはアスラの王。キルミーラ[1]アラーユダと兄弟[2][3]

概要[編集]

現在はバングラデシュ国に位置するエーカチャクラー英語版国の支配者で、国土を外敵やブータ(鬼霊)などから守っていた。しかし、その見返りとして人々に荷車1台分の穀物と、1頭の水牛と、それらを運ぶ1人の人身御供を定期的に要求した。

パーンダヴァクンティーカウラヴァの罠から逃れ、エーカチャクラーのとあるバラモンのもとに隠れ住んでいたとき、たまたまバラモンに人身御供の順番が回ってきて、家族ともども嘆いていた[4]。理由を知ったクンティーは、ビーマに命じて彼らを助けるように言った[5]。そこでビーマは身代わりとして食料を運び、バカの名を叫びながらそれを食らった。バカがやって来て、ビーマの行状を見て怒り攻撃したが、ビーマは意に介さずに食べ続けた。そして食べ終わった後、格闘の末にバカを殺した[6]

ビーマはバカの残された家族に、二度と人間を殺さないように約束させた。こうしてエーカチャクラーのラークシャサは人間に親しい存在になったという[7]

出典[編集]

  1. ^ 『マハーバーラタ』3巻(森林の巻)12章30-31。
  2. ^ 『マハーバーラタ』7巻(ドローナの巻)151章1-3。
  3. ^ 『インド神話伝説辞典』p.35。
  4. ^ 『マハーバーラタ』1巻(最初の巻)145章-148章。
  5. ^ 『マハーバーラタ』1巻(最初の巻)149章。
  6. ^ 『マハーバーラタ』1巻(最初の巻)151章。
  7. ^ 『マハーバーラタ』1巻(最初の巻)152章。

参考文献[編集]

  • 『原典訳 マハーバーラタ2』上村勝彦訳、ちくま学芸文庫(2002年)
  • 『原典訳 マハーバーラタ3』上村勝彦訳、ちくま学芸文庫(2002年)
  • 『原典訳 マハーバーラタ7』上村勝彦訳、ちくま学芸文庫(2003年)
  • 菅沼晃編『インド神話伝説辞典』、東京堂出版(1985年)