サラスヴァティー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サラスヴァティー
ラヴィ・ヴァルマ

サラスヴァティー(サラスヴァティー、サンスクリット:सरस्वती)は、芸術、学問などの知を司るヒンドゥー教女神である。日本では七福神の一柱、弁才天(弁財天)として親しまれており、仏教伝来時に『金光明経』を通じて中国から伝えられた。4本の腕を持ち、2本の腕には、数珠とヴェーダ、もう1組の腕にヴィーナと呼ばれる琵琶に似た弦楽器を持ち、白鳥またはクジャクの上、あるいは蓮華の上に座る姿として描かれる。白鳥・クジャクはサラスヴァティーの乗り物である。

サラスヴァティーは水辺に描かれる。サンスクリットでサラスヴァティーとは水(湖)を持つものの意であり、水と豊穣の女神であるともされている。インドの最も古い聖典『リグ・ヴェーダ』において、初めは聖なる川、サラスヴァティー川(その実体については諸説ある)の化身であった。流れる川が転じて、流れるもの全て(言葉・弁舌や知識、音楽など)の女神となった。言葉の神、ヴァーチと同一視され、サンスクリットとそれを書き記すためのデーヴァナーガリー文字を創造したとされる。後には、韻律・讃歌の女神、ガーヤトリーと同一視されることになった。

ヒンドゥー教の創造の神ブラフマーの妻(配偶神)である。そもそもはブラフマーが自らの体からサラスヴァティーを造り出したが、そのあまりの美しさのため妻に娶ろうとした。逃れるサラスヴァティーを常に見ようとしたブラフマーは自らの前後左右の四方に顔を作りだした。さらに、その上に5つ目の顔(後にシヴァに切り落とされる)ができた時、その求婚から逃れられないと観念したサラスヴァティーは、ブラフマーと結婚し、その間に人類の始祖マヌが誕生した。また、元々はヴィシュヌの妻であり、後にブラフマーの妻になったという異説もある。

サラスヴァティーはゾロアスター教アナーヒターと同起源と推定される。アナーヒターには、ハラフワティー・アルドウィー・スーラー(Harahvatī Arədvī Sūrā)という別名があり、ハラフワティーは言語学的にはサラスヴァティーのペルシア語読みとされるためである。これは偶然の一致ではなく、インド・イラン共通時代から信仰されていた女神が民族の分裂とともに2つに分かれたものではないかとされている。

・アタ シュリ サラスワティー チャリサー

オーム ガン ガヌパトッゥイェ ナマハ

ドーハー~ジャンク ジャンニー パダム ドゥルジ,ニジ マスタク パル ダーリ| バンドーン マートゥ サラスワティー,ブディ バル デェ ダーターリ|| プルナ ジャガトゥ メェン ビャーパトゥ タブ,マヒマー アミトゥ アナントゥ| ラーマサーガル ケェ パープ コー,マートゥ トゥヒー アブ ハントゥ||

ジャエ シュリ サカル ブディ バル ラースィー| ジャエ サルバギャ アマル アディナースィー| ジャエ ジャエ ジャエ ビーナー カル ダーリー| カルティー サダー スハンス サンバーリー || ループ チャトゥルブジャ ダーリー マーター| サカル ビシバ アンダル ビキャーター|| ジャグ メェン パープ ブディ ジャブ ホーティー| タブヒ マートゥ カー ニジ アバターラー| パープ ヒーン カルティー マヒ ターラー|| バールミーキ ジー テェ ハタャーリー| タブ プラサーダ ジャーネー サンサーラー|| ラーマチャリトゥ ジョー ラチェ バナーイィ| アーディー カビ パドゥビー コー パーイィ|| カーリーダース ジョー バイェ ビキャーター| テェリー クリパー ドゥリシュティー セェ マーター|| トゥルスィー スル アーディ ビドーナー| バイェ ジョー アォル ギャーニー ナーナー|| ティンハ ナ アォル ラヘェウ アブランバー| ケェバル クリパー アープ キー アンバー|| カルフ クリパー ソーイィ マートゥ ババーニー| トゥキトゥ ディーン ニジ ダースヒ ジャーニー|| プトゥラ カルイ アプラーダ バフター | テェヒ ナ ダルイ チィトゥ スンダル マーター|| ラーク ラージ ジャンニ アブ メェリー| ビナイ カルウン バーンティ バフテェリー|| メェン アナータ テェリー アブランバー| クリパー カルゥ ジャエ ジャエ ジャグダンバー|| マドゥ ケェトゥバ ジョー アティ バルバーナー| バーフ ユディ ビシュヌ セェ ターナー|| サマル ハジャール パーンチャ メェン ドーラー| ピル ビー ムク ウンセェ ナヒーン モーラー|| マートゥ サハーヤ キーンハ テェヒィ カーラー| ブディ ビプリートゥ バイィ カルハーラー|| テェヒ テェ ムリトュゥ バイィ カル ケェリー|| プルバフ マートゥ マノーラタ メェリー|| チャンダ ムンダ ジョー テェ ビキャーター| チャナ マフ サンハーレェウ テェヒ マーター|| ラクトゥビージ セェ サムラタ パーピー| スルムニ ハダエダラー サブ カーンピー|| カーデェウ スィル ジィム カドゥリー カンバー | バール~バール ビヌウン ジャグダンバー|| ジャグ プラスディ ジョー シュンバ ニシュンバー| チャナ メェン バーンデェ ターヒ トゥーン アンバー|| バルトゥ~マートゥ ブディ ペェレェウンジャーイィ| ラームチャンドゥラ バンバース カラーイィ|| エーヒ ビディ ラーバン バダ トゥ キーンハー| スルナル ムニ サブコー スク ディーンハー|| コー サムラタ タブ ヤシャ グンガーナー| ニグム アナーディー アナントゥ バカーナー|| ビシュヌ ルドゥラ アジ サクヒ ナ マーリ| ジィンキー ホー トゥム ラクシャカーリー|| ラクトゥ ダニトゥカー アォル シャター クスィー| ナーム アプール ハエ ダーンバ バクスィー|| ドゥルガム カージ ダラー パル キーンハー| ドゥルガー ナーム サクル ジャグ リーンハー|| ドゥルグ アーディハルニー トゥ マーター| クリパー カルフ ジャブ~ジャブ スクダーター|| ヌリプ コーピトゥ コー マールン チャーハエ| カーナン メーン ゲェレェ ムリグ サーハエ|| サーガル マダヤ ポートゥ ケェ バンジェ| アティ トゥパーン ナヒン コーウン サンゲェ|| ブトゥ プレェトゥ バーダー ヤー ドゥク メェン| ホー ダリドゥラ アタバー サンカトゥ メェン|| ナーム ジャペェ マンガル サブ ホーイィ| サンシャヤ イスメエ カルイ ナ コーイィ|| プトゥラ ヒーン ジョー アートゥル バーイィ| サベエ チャーンリ プジェン エーヒ マーイィ|| カレエ パートゥ ニトゥ ヤハ チャリサー| ホーヤ プトゥラ スンダル グヌ イィシャー|| ドゥパーディク ネェベェガー チャラーベエ| サンカトゥ ラヒトゥ アバシヤ ホー ジャーベエ|| バキトゥ マートゥキー カレエ ハメェシャー| ニカトゥ ナ アーベエ ターヒ カレェシャー|| バンディー パートゥ カレエン サトゥ バーラー| バンディー パーシャ ドゥル ホー サーラー|| ラームサーガル バーディ ヘェトゥ ババーニー| キージャエ クリパー ダース ニジ ジャーニー||                       |ドーハー| マートゥ スリヤ カーニトゥ タブ,アンダカール マム ループ| ドゥバン セェ ラクシャー カルフ パルーン ナ メーン ババ クプ バル ブディ ビガー デェフ モーヒ,スナフ サラスワティー マートゥ| ラームサーガル アダム コー アーシュヤ トゥヒー ダダートゥ|| ||イティ シュリ サラスワティー チャリサー サマーパトゥ||

・サラスワティー ジー キー アールティー

アォアム ジャエ ビーネェ バーリー,メーヤー ジャエ ビーノー バーリー| リディ スィディ キー ラハティー,ハータ テェレェ ターリー| リピ ムニヨーン キー ブディ コー シュドゥドゥ ヒー カルティー| スバルナ キー マーンティ シュドゥ トゥー ヒー カルティー| ギャーン ピター コー デェティー,ガガン シャバドゥ セェ トゥー| ハンス バーヒニー ディージャエ,ビクシャー ダルシャン キー| ジョーティー ジャガーカル ニッタヤ,ヤハ アールティー ジョー ガーベェ| ババ サーガル ケェ ドゥク メェン,ギーター ナ カビー カーべェ|


・モヒニ マントゥル

オーム サラスワティ サルヴァプルシュ バシカルニ シュリーム フリーム カラ カルラオ チョタス ビール メーラ カルバ バァガ ティール ジャハ コー ビージュ バハ ジャビ マース ムジェ コチョ キー アーオビ アプナ マーラ アープ ヒー カービ チャラトゥ バーンメーラ ナ カレ トォ トゥジェマ カー ドゥードゥ ハラム


・シュリサラスワティー ガーヤットゥリー マントゥル

オーム バーバデッゲーチ ビドゥマヘー カーバーラージャーヤ ディーマヒン タンノーォ デーヴィ プラチョーダヤーットゥ ×3 オーム シャンティ シャンティ シャンティヒ