カウシータキ・ウパニシャッド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

カウシータキ・ウパニシャッド』とは、ウパニシャッドの1つ。リグ・ヴェーダに付属し、古ウパニシャッドの中では、初期の「古散文ウパニシャッド」に分類される[1]

チトラ王が、聖仙ウッダーラカ・アールニ親子に、自らの思想を説く様が描かれる。

内容[編集]

カウシータキ・ウパニシャッドは全部で四編から成り、再生と解脱、そしてプラーナブラフマンなどの問題が論じられている。

日本語訳[編集]

全訳[編集]

  • 湯田豊『ウパニシャッド 翻訳および解説』大東出版社、2000年。ISBN 4-500-00656-7

抄訳[編集]

脚注・出典[編集]

  1. ^ 『原典訳ウパニシャッド』岩本裕 ちくま学芸文庫 p347

関連項目[編集]