マツヤ国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マツヤ国の領域(クル国の南方)

マツヤ国サンスクリット語 मत्स्य Matsya)あるいはマッチャ国パーリ語 मच्छ Maccha)は、古代インド十六大国と呼ばれる有力勢力のうちのひとつ。クル国の南、ヤムナー川の西岸に位置し、この川を挟んでパンチャーラ国と対峙する。西部はチャンバル川北岸の丘陵地帯である。パーリ語の文献では、マトゥラーを首都とした隣国のスラセーナ国と一緒に言及されることが多い。

現在のラージャスターン州ジャイプルアルワルバラトプルを含む地域にあたる。マツヤ国の首都はヴィラータナガラ(विराटनगर:現在のバイラト、ジャイプルから北北東、アルワルから西南西にある盆地の中の町)で、これはマツヤ国王ヴィラタの名から取ったものであると言われる。

歴史[編集]

マツヤ国の強大な勢力は、ブッダの時代にはかなり衰えており、既に政治的な強い影響力を行使できない状態になっていた。

マハーバーラタ』には、チェーディ国王サハジャによって統治されていることが記されており、チェーディ国に吸収された時期があった可能性を示唆している。

ミーナとの関係[編集]

インドおよびパキスタンには、ミーナと呼ばれるジャーティがあり、ヴィシュヌ神の化身のひとつマツヤをその開祖とすると称するが、マツヤ国王ヴィラタの親戚の血を引いているとも言われている。ミーナは、11世紀まで、ヴィラータナガラを統治していた。