ヴァツサ国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
十六大国のひとつであるヴァツサ国(Vatsa)

ヴァツサ国サンスクリット語 वत्स)あるいはヴァンサ国パーリ語 वंस)は、古代インドの国名。初期仏教の聖典『アングッタラ・ニカーヤ』の中で、北道十六大国のひとつに数えられる。首都はカウシャーンビー(कौशाम्बी Kauśāmbī)。

位置[編集]

首都のカウシャーンビーは、現在のウッタル・プラデーシュ州コーサムにあたると考えられ、アラーハーバードの南西約55kmということになる。

歴史[編集]

建国については、数種類の伝承が存在する。

シャターニーカ2世[編集]

ヴァツサ国を最初に支配したバラタ族の王は、シャターニーカ2世(शतानीक)、またの名をパランタパ、であると伝えられる。プラーナ文献によれば、彼の父の名はヴァスダーナ(वसुदान)であるが、バーサによると、彼の父の名はサハスラーニーカ(सहस्रानीक)である。

シャターニーカ2世は、ヴィデーハ国の王女と結婚し、その間にウダヤナが生まれた。また、リッチャヴィ族の族長チェータカ(चेटक)の娘ムリガヴァティー(मृगवती)とも結婚した。

シャターニーカ2世は、ダディヴァーハナ王の統治するアンガ国の首都チャンパーを攻撃したと伝えられる。

ウダヤナ王[編集]

シャターニーカ2世の息子ウダヤナ(उदयन)は、父の跡目を継ぎ、ヴァツサ国王となった。妃ヴァーサヴァダッター(वासवदत्ता)との間に、ボーディ(बोधि)という息子がいたと考えられている。ブッダや、アヴァンティ国のプラディヨータ王と同時代の人物であったと考えられている。ブッダは、ウダヤナ王の治世に何度か首都カウシャーンビーを訪れ、その教えを広めていて、ウダヤナ王も仏教の在家信者となったと伝えられている。

ウダヤナ王は、様々な文学に登場する。

  • 『カターサリットサーガラ』では、ウダヤナ王の遠征について、長い物語が語られている。
  • 『プリヤダルシカー』は、ウダヤナ王のカリンガ国遠征の勝利と、ウダヤナ王の妃アーラニヤカー(आरण्यका)の父であるアンガ国のドリダヴァルマン王の復位について、伝えている。
  • 仏典『ダンマパダ』の注釈には、ウダヤナ王と、アヴァンティ国王プラディヨータの娘ヴァーサヴァダッター(वासवदत्ता)あるいはヴァースラダッター(वासुलदत्ता)との結婚について述べられている。また、他に、クル国バラモンの娘マーガンディヤー(मागन्दिया)と、財務大臣ゴーサカ(घोसक)の養女サーマーヴァティー(सामावती)という妃がいた、とも述べられている。
  • ミリンダ王の問い』には、農家の娘ゴーパーラマーター(गोपालमाता)がウダヤナ王の妻となったことが語られている。
  • バーサの戯曲『スヴァプナ・ヴァーサヴァダッター』や『プラティジニャー・ヤンガンダラーヤナ』では、主人公である。『スヴァプナ・ヴァーサヴァダッター』では、ヴァーサヴァダッター妃の他に、マガダ国王ダルシャカ(दर्शक)の妹であるパドマーヴァティー(पद्मावती)という妃があったことが描かれている。
  • 『ラトナーヴァリー』には、妃であるヴァーサヴァダッターの召使であるサーガリカー(सागरिका)と、ウダヤナ王との恋愛が語られている。

アヴァンティ国の併合[編集]

プラーナ文献によれば、ウダヤナ王の後、ヴァヒナーラ(वहिनार)、ダンダパーニ(दण्डपाणि)、ニラミトラ(निरमित्र)、クシェーマカ(क्षेमक)という王が続いたが、その後ヴァツサ国は、アヴァンティ国に併合された。アヴァンティ国のプラディヨータ王(प्रद्योत)の曾孫にあたるマニプラバ王子(मणिप्रभ)が、カンシャーンビーを統治したことが伝承されている。