アッサカ国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
十六大国のひとつであるアッサカ国(Assaka)

アッサカ国パーリ語: Assaka)又はアシュマカ国サンスクリット語: Aśmaka)は、古代インドに存在した国。初期仏教の聖典『増支部』(アングッタラ・ニカーヤ)の中で、南道十六大国のひとつとして記載されている。首都名はポタナ、ポダナ、ポタリ等と、カナ転写の態様はさまざまである(本項では「ポタナ」と呼ぶものとする)。

地理[編集]

アッサカ国は、ゴーダーヴァリ川の川岸、ゴーダーヴァリ川とマンジラ川の間に位置し、現在のインド共和国の行政区分で、テランガーナ州ニザーマーバード県英語版アーンドラ・プラデーシュ州アディラーバード県ナーンデッド県英語版ヤバートマル県英語版マハーラーシュトラ州東部の一部に相当する地域にあった。南道十六大国の中では唯一、ヴィンディヤ山脈の南にあった。

首都のポタナは、現ニザーマーバード県ボダン英語版にあたる。テルグ語地名の "Bodhan / బోధన్" には元になったプラークリット名があり、そのプラークリット名は「貧者に施しとして与えられた土地」を意味するサンスクリットの "bhoodaan / भूदान / భూదాన్" から派生している。

歴史[編集]

パーリ語経典の「大典尊経(Mahagovinda Suttanta)」に拠れば、アッサカ国の支配者はポタナを支配していたBrahmadattaだったと言われている[1]

マツヤ・プラーナ英語版』272章によると、マガダ国シシュナーガ英語版王(紀元前413年紀元前395年頃)の時代と同時代には、アスマカには25人の統治者がいたと記録されている[2]カリンガ国カーシー国と隣接しており、カーシー国が強勢を誇った時代にはその従属国であった。しかしカーシー国の減退に伴って勢力を拡張し、一時カリンガ地方を支配した。最終的にはマガダ国によって征服された[3]。その後、ラーシュトラクータ朝の領域(現在のマハーラーシュトラ州)にまで南方に人々は移住していった[3]

アシュマカは仏教の書物やハラ英語版王のガシャ・サプターシャチ英語版では、アッサカもしくはアスバカスと記されている。アシュマカの語は、サンスクリット語で岩石宝石を意味するAśmakaに由来している[3]。実際にこの地方には何千もの丘陵や岩石地帯があり、それゆえにアシュマカと呼ばれるようになった。1000万年~2000万年前には、この地方に流星物質が落下したと言う説がある。

グプタ朝後期、5~6世紀の天文学者数学者アーリヤバタは、後代の注釈者バースカラIの言及に基づいてアシュマカ国の出身であると推定されている[3][4]

出典[編集]

  1. ^ Raychaudhuri, Hemchandra (1972) Political History of Ancient India, University of Calcutta, mumbai, p.80
  2. ^ Law, B.C. (1973). Tribes in Ancient India, Poona: Bhandarkar Oriental Research Institute, pp.180-3
  3. ^ a b c d K. V. Sarma (2001). “Āryabhaṭa: His name, time and provenance”. Indian Journal of the History of Science 36 (4): 105–115. オリジナルの31 March 2010時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100331152303/http://www.new.dli.ernet.in/rawdataupload/upload/insa/INSA_1/20005b67_105.pdf 2017年6月2日閲覧。. 
  4. ^ 佐藤, 任 『古代インドの科学思想』 東京書籍1988年10月25日ISBN 4-487-75210-8 pp238-241