ゴーダーヴァリ川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
デカン、南インドの中世都市及び河川

ゴーダーヴァリ川(ゴーダーヴァリがわ、గోదావరి, Godavari)、あるいはゴーダーヴァリー川 (गोदावरी) は、デカン高原を北西から南東方向に横切ってベンガル湾へ注ぐ河口クリシュナ川の北側、東ガーツ山脈の南側にある。上流は、マハーラーシュトラ州北東部、下流は、オリッサ州アーンドラ・プラデーシュ州の州境付近に位置する。

概要[編集]

インドの西側のアラビア海から80kmのところに源を発するが、東側のベンガル湾に注いでいる。その延長は1465kmであり、流域面積は313000km²である。ダムが多数設置されており、灌漑や発電に利用されている。下流には、肥沃な平野を形成している。

名称[編集]

テルグ語では、標記のとおり「ゴーダーヴァリ」(గోదావరి) と発音される。タミル語においても同様 (கோதாவரி) である。

一方、北インド系のサンスクリット語ヒンディー語マラーティー語などでは、「ゴーダーヴァリー」と、語末が長音となっている (गोदावरी)。

日本の地図帳などに見られる「ゴダバリ川」などの表記は、英語表記「Godavari」をそのままカタカナに転写しただけのものである。

支流[編集]