アラビア海

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アラビア海の地図

アラビア海(アラビアかい)は、インド洋の北西部、アラビア半島インドとの間の海域。

面積約3,862,000 km2[1]、最大幅約2,400 km、最大水深4,652mである。インダス川が最大の流入河川。北側にオマーン湾があり、ホルムズ海峡を通じてペルシャ湾に繋がっている。西側にはアデン湾があり、紅海に通じる。アラビア海に面する国はインドパキスタンオマーンイエメンソマリアモルディブである。代表的な島にソコトラ島(イエメン)やマシーラ島(オマーン)がある。

紀元前数世紀から大航海時代にかけて重要な交易ルートであった。現在も、中東原油を運ぶタンカー欧州との間の船舶が頻繁に往来し、ソマリア海賊を取り締まる海域でもある。

範囲[編集]

国際水路機関はオマーン湾の境界を以下のように定めている。[2]

脚注[編集]

  1. ^ Arabian Sea, Encyclopædia Britannica
  2. ^ Limits of Oceans and Seas, 3rd edition”. International Hydrographic Organization (1953年). 2010年2月7日閲覧。