西ガーツ山脈

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
西ガーツ山脈
Munnar hillstation kerala.jpg
ムンナール西ガーツ山脈
所在地 インドの旗 インド
最高峰 アナミュディ山 (2,695m)
延長 1,600km
100km
テンプレートを表示

西ガーツ山脈(英語: Western Ghātsは、インド亜大陸の西海岸沿いにあり、標高1,000~2,690mの山々が全長1,600㎞にも渡って連なる山脈である。ヒマラヤ山脈よりも古く、インド全域の気候に大きな影響を与えており、多くの川の水源となっている。数々の国立公園自然保護区域などがあり、世界で最も多様な生物が見られる8つの「ホットスポット」の一つである。2012年UNESCO世界遺産に登録された。













概要[編集]

地理[編集]

デカン高原の西縁に沿い、海岸線をわずかに残して高原地帯とアラビア海の境界をなす。グジャラート州とマハラシュトラ州の州境に近いタプティ川の左岸(南側)がこの山脈の北端であり、マハラシュトラ州ゴア州カルナータカ州ケーララ州タミル・ナードゥ州を南下してインド半島の最南端に達する。その広さは120,000k㎡に及び、総延長は約1,600kmである。平均標高は約1,000mで、ケーララ州のカルダモン丘陵にあるアナミュディ山が最高峰(標高2,695m)である。この山脈はアラビア海ベンガル湾へ流入する河川を分ける分水界である[1]。。


生物多様性[編集]

西ガーツ山脈は熱帯にありながら、モンスーンの影響で高山森林の生態系を有しており、地球上における代表的なモンスーン気候帯の特徴を有している。 インド半島は約1億8000万年前にはゴンドワナ大陸の一部としてアフリカと地続きであったが、約1億3000万年前から約5000万年前までは孤立した島となり、その後、ユーラシア大陸に衝突して現在の形となった。このような地史を反映して、アフリカ由来とアジア由来の生物が混在し、さらに独特の進化が見られるような進化の移行帯となっている。西ガーツ山脈一帯の、種の多様性に富むとともに、大陸にもかかわらず固有種が多い。顕著な生物多様性と固有種の多さは、「地球上の生態系にとってのホットスポット」として知られており、 世界的に絶滅が危惧されている植物相、動物相、鳥類、両生類、爬虫類、魚類が、少なくとも325種生息している。

生物圏保護区[編集]

インド全国に、9カ所ある生物圏保護区の一つであるニルギリ生物圏保護区は、ナガルホーレ国立公園バンディプール国立公園ムドゥマライ国立公園ムクルヒ国立公園サイレント渓谷国立公園の4カ所の国立公園と、ワイナード野生動物自然保護区サスヤマンガラム野生動物自然保護区の2カ所の自然保護区を含みインド最大の生物圏保護区であり、生態系の保全が進められてる。


名称[編集]

ガーツとはヒンディー語で階段を意味でデカン高原の東西両縁の山地が、海岸平野から階段状にせり上がるところから、東ガーツおよび西ガーツと呼ばれる。

農園[編集]

インドでは紅茶の栽培より、コーヒーのほうが歴史は古く、インドで初めてコーヒーが栽培されたのは、17世紀頃のカルナータカ州にある西ガーツ山脈にあるチクマガルールの山地である。この西ガーツ山脈周辺は、標高が1000m以上あることや、モンスーンの影響で雨季乾季がハッキリ分かれていることもあり、今でもコーヒー栽培がとても盛んで約70か国に輸出されている。 西ガーツ山脈南部のニルギリ山地は、その名から紅茶ブルーマウンテンと呼ばれる良質のニルギリ紅茶の産地である。

牛頭山[編集]

マラヤ山(カルダモン丘陵、摩羅耶山、秣刺耶山)[2]は、牛頭栴檀(ゴーシールシャ・チャンダナ gośīrşa-candana)というビャクダンが生える牛頭山として仏典『観仏三昧海経』などに記載されている。







世界遺産 西ガーツ山脈
インド共和国
西ガーツ山脈(ムクルヒ国立公園)
西ガーツ山脈(ムクルヒ国立公園)
英名 Western Ghats
仏名 Ghâts occidentaux
面積 795,315 ha
登録区分 自然遺産
登録基準 (9), (10)
登録年 2012年
IUCN分類 Unassigned
公式サイト ユネスコ本部(英語)
使用方法表示


世界遺産[編集]

2012年ロシアサンクトペテルブルクで開催されていた世界遺産委員会にて、インド共和国の推薦を受けてUNESCO世界遺産に登録。インドの世界遺産としては29番目の世界遺産(自然遺産では6番目)である。固有種絶滅危惧種が生息する自然保護区が断続的に続いており、トラ保護区や国立公園を含む39箇所が登録された。

登録基準[編集]

世界遺産委員会でも勧告がそのまま受け入れられたので、この世界遺産は世界遺産登録基準における以下の基準を満たしたと見なされ、登録がなされた(以下の基準は世界遺産センター公表の登録基準からの翻訳、引用である)。

  • (9) 陸上、淡水、沿岸および海洋生態系と動植物群集の進化と発達において進行しつつある重要な生態学的、生物学的プロセスを示す顕著な見本であるもの。
  • (10) 生物多様性の本来的保全にとって、もっとも重要かつ意義深い自然生息地を含んでいるもの。これには科学上または保全上の観点から、すぐれて普遍的価値を持つ絶滅の恐れのある種の生息地などが含まれる。















  1. ^ Manorama Yearbook 2006 (India - The Country). Malayala Manorama. (2006). pp. 518. ISSN 0542-5778. 
  2. ^ マラヤ山一帯(マラヤ山とは西ガ-ツ山脈南部のCARDAMON-HILLS)から出る最も香気の強い黄栴檀又は赤栴檀であり、マラヤ山の形が牛の頭に似ているところからこの名がついたと言われている-参照--満久崇磨著『仏典の植物』八坂書房