ラージャムンドリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ゴーダーヴァリ川に掛けられた橋

ラージャムンドリーヒンディー語:राजमुंदरी Rājamundrī、テルグ語:రాజమండ్రి Rājamaṇḍri, 英語:Rajahmundry)は、南インドアーンドラ・プラデーシュ州東ゴーダーヴァリ県の都市。テルグ語ではラージャマンドリという。都市名は公式にはラージャマヘーンドラヴァラム(Rajamahendravaram)である。

歴史[編集]

1022年東チャールキヤ朝の君主ラージャラージャ・ナレーンドラ王が建設した。この都市はラージャマヘーンドリー(Rajamahendri)あるいはラージャマヘーンドラヴァラム(Rajamahendravaram)と名付けられた。

14世紀にはレッディ王国15世紀にはヴィジャヤナガル王国の支配下となる。

1724年にはニザーム王国の支配下に入ったが、1753年フランスの、1766年にはイギリスの支配下となった。

2015年10月10日、都市の名称はラージャマヘーンドラヴァラムに改められた[1]

出典・脚注[編集]

  1. ^ Rajahmundry in AP renamed as Rajahmahendravaram – The Times of India”. timesofindia.indiatimes.com. 2015年10月23日閲覧。

関連項目[編集]