アルワル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アルワル城

アルワルヒンディー語:अलवर、Alwar)は、インドラージャスターン州アルワル県の都市。

歴史[編集]

1000年アンベール王国の君主の次男アラグラージがアルワルを建設し、ここに依ったことが始まりである。

18世紀マラーターの支配者がここにも攻めてきたが、アルワルはイギリスの助力のもとこれに対抗した。

1803年第二次マラーター戦争ラスワリーの戦いののち、アルワルはイギリスと軍事保護条約を締結し、藩王国化した。

1857年インド大反乱が発生すると、アルワル藩王国はイギリスに味方して鎮圧に尽力した。

1947年8月15日インド・パキスタン分離独立時、アルワルはインドへと帰属した。

地理[編集]

アルワルは北緯27度34分 東経76度36分 / 北緯27.57度 東経76.6度 / 27.57; 76.6に位置している[1]

出典・脚注[編集]

  1. ^ Falling Rain Genomics, Inc – Alwar. Fallingrain.com. Retrieved on 2012-07-06

関連項目[編集]

外部リンク[編集]