パルジャニヤ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

パルジャニヤ (Parjanya) は、インド神話に登場するである。マルト神群インドラ神とよく似た性格を持つ[1]

パルジャニヤは『リグ・ヴェーダ』では3篇の独立讃歌を持つ[1]。しばしば牡牛と呼ばれ[要出典]、雨雲を作り出し、雷をともなう雨を降らせ、大地を潤す[1]。またパルジャニヤは植物の保護者とされ、草木に種子を授け、芽生えさせるという。しかしその反面、樹木を裂き、ラークシャサを殺す荒々しい一面を持つ。

神秘的な讃歌(7・101)においては、パルジャニヤは「自律の王者」と呼ばれ、彼の中に生物、無生物を問わず、一切万物の生気が存すると詠われている。また別の讃歌(5・83)では、1度だけだがアスラと呼ばれている。

後の叙事詩ラーマーヤナ』ではヴァナラ)の1人、シャラバの父とされている[要出典]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c インド神話伝説辞典』, p. 268.(パルジャニヤ)

参考文献[編集]