丸山顕徳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

丸山 顕徳(まるやま あきのり、1946年9月21日 - )は、日本の国文学者民俗学者文学博士。専門は古代文学。花園大学特任教授。臨済宗東福寺派(蔵主)。日本国語国学研究所代表。和歌山県出身。奈良県橿原市在住。

主な研究テーマは日本の古代文学(記紀万葉集日本霊異記)と、沖縄や奈良の伝承文学を中心に神話伝説昔話、仏教説話。

略歴[編集]

  • 1977年3月立命館大学大学院文学研究科博士課程単位取得満期退学
  • 1979年4月四条畷学園女子短期大学講師
  • 1983年4月 助教授
  • 1992年4月花園大学文学部助教授
  • 1994年4月 教授
  • 1995年4月 「日本霊異記説話の研究」で文学博士(立命館大学)
  • 2012年4月 花園大学特任教授
  • 2012年4月 日本国語国学研究所代表

所属学会・研究会[編集]

研究会[編集]

  • 日本文化研究会AI(事務局長)
  • 比較神話学研究組織(連携研究者)
  • 環太平洋神話研究会(幹事)
  • 宮古の神と森を考える会
  • 宮古伝承文化研究会

その他[編集]

  • NPO法人沖縄伝承話資料センター(理事)

著書[編集]

単著[編集]

  • 『沖縄の民話と他界観』(海鳴社)1983 
  • 『日本霊異記説話の研究』(桜楓社)1992 
  • 『沖縄民間説話の研究』(勉誠社)1993 
  • 『古代文学と琉球説話』(三弥井書店)2005 
  • 『口承神話伝説の諸相』(勉誠出版)2012 

共編著[編集]

  • 『西浅井の昔話』(西浅井町)
  • 『東吉野の民話』竹原威滋共編(東吉野村教育委員会)1992 
  • 国頭の昔話』(同朋舎出版
  • 吉野民間説話調査報告』(名古屋大学国際開発研究科)
  • 『新国語表現法』真下厚共編著(啓文社)1994 
  • 『世界の龍の話』竹原威滋共編著(三弥井書店)1998
  • 『ワークブック国語表現法』(嵯峨野書院)
  • 『キャリアアップ国語表現法』(嵯峨野書院)2000 
  • 『これからの日本文学』西端幸雄,廣田收,三浦俊介共編著 金壽堂出版 2001
  • 『琉球の伝承を歩く-波照間島黒島西表島の伝説・神話』狩俣恵一共編(三弥井書店)2003 
  • 『語りつぐ吉野の民話』(金壽堂出版)2003
  • 奈良市民間説話調査報告』竹原威滋代表編著 進藤秀樹共編(奈良教育大学)2004 
  • 『世界の洪水神話 海に浮かぶ文明』篠田知和基共編 勉誠出版 2005
  • 『奈良伝説探訪』(三弥井書店)2010 

参考文献[編集]

日本国語国学研究所

外部リンク[編集]