廣田收

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

廣田收(ひろた おさむ、1949年10月23日 - )は、国文学者、同志社大学教授。専攻は日本古代・中世物語文学史の研究。

大阪府豊中市生まれ。1973年同志社大学文学部文化学科国文学専攻卒業。76年同大学院文学研究科国文学専攻修士課程修了。1981年同志社大文学部専任講師、1984年助教授、1997年教授。2003年「『宇治拾遺物語』の表現」で論文博士 (国文学・同志社大学)。指導教員は南波浩

なお、「広田収」「広田收」「廣田収」名義となっている文献が散見されるが、本名は「廣田收」である。

著書[編集]

  • 『『宇治拾遺物語』表現の研究』(笠間書院、2003年)
  • 『『宇治拾遺物語』「世俗説話」の研究』(笠間書院、2004年)
  • 『『源氏物語』系譜と構造』(笠間書院、2007年)
  • 『『宇治拾遺物語』の中の昔話』(新典社新書、2009年)
  • 『講義日本物語文学小史』(金壽堂出版、2010年)
  • 『家集の中の「紫式部」』(新典社選書、2012年)
  • 『『紫式部集』歌の場と表現』(笠間書院、2012年)
  • 『文学史としての源氏物語』(武蔵野書院、2014年)

共編著[編集]

  • 『これからの日本文学』丸山顯徳西端幸雄三浦俊介共編著(金壽堂出版、2001年)
  • 『紫式部集大成 実践女子大学本・瑞光寺本・陽明文庫本』久保田孝夫横井孝共編著(笠間書院、2008年)
  • 『紫式部と和歌の世界 一冊で読む紫式部家集 訳注付』上原作和共編(武蔵野書院、2011年)

外部リンク[編集]