上原作和

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

上原 作和(うえはら さくかず、1962年11月28日 - )は、日本国文学者博士(文学)名古屋大学、2007年)。阿仏尼本源氏物語の紹介者。

人物[編集]

長野県佐久市生まれ。1993年大東文化大学大学院文学研究科博士後期課程単位取得退学。2010年、明星大学教授。2014年一般社団法人桃源文庫日本学研究所設立、同教授。専門は、物語研究、文献史学、日本琴学史。

著書[編集]

単著[編集]

  • 『光源氏物語の思想史的変貌──<琴>のゆくへ』有精堂出版、1994年
  • 『光源氏物語學藝史 右書左琴の思想』翰林書房、2006年
  • 『光源氏物語傳來史 幻の伝本の謎 その真実に迫る』武蔵野書院、2011年

監修[編集]

  • 上原作和・小番達監修訳『完訳太平記』全4巻、(現代語で読む歴史文学)勉誠出版、2007年
  • 上原作和監修、砂崎良著、亀小屋サト、サイドランチ マンガ『マンガでわかる源氏物語』池田書店、2011年

編著・共著[編集]

  • 上原作和・正道寺康子編『洞中最秘鈔──うつほ物語引用漢籍註疏』新典社、2005年
  • 室伏信助監修、上原作和編集『人物で読む源氏物語』全20巻、勉誠出版、2005~2006年
  • 今西祐一郎室伏信助監修、陣野英則共編集『テーマで読む源氏物語論』全3巻、勉誠出版、2008年
  • 上原作和企画編集『琴の文化史──東アジアの音風景』アジア遊学 126号、勉誠出版、2009年
  • 三橋正著・上原作和・小宮和寛編『古記録文化論』武蔵野書院、2015年
  • 久下裕利・曽根誠一・上原作和編『竹取物語の新世界』武蔵野書院、2015年
  • 上原作和・正道寺康子著『日本琴學史』勉誠出版、2016年
  • 松田浩・上原作和・佐谷眞木人・佐伯孝弘編『古典文学の常識を疑う』勉誠出版、2017年

 校注 [編集]

受賞[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]